女性が求める理想の男性像へ近づく為のポイントと注意点

記事を拡散してもらえたら嬉しいです♪

説教する男性にうんざりな女性

女性の求める理想の男性像が何なのか、想像できますか?

多くの男性は、無意識の内にそうした理想像とかけ離れた行為をしてしまい、女性からの心象を悪くしているのです。

その行為こそ「お説教」ですね。特に年下の常識のなっていなさそうな女性には、つい口を出してしまいがち。でも説教されて気分のいい女性はいません。

その辺りを理解していただく為にも、今回は「女性が求める理想の男性像へ近づく為のポイントと注意点」というテーマでお話したいと思います。

1.説教されて嬉しい女性はいない

女性を楽しい気分にさせる3つの会話術」という記事でも触れましたが、女性は誰かに話を聞いてもらうのが大好きです。

ただ聞いているだけでもいいのですが、共感して話を深掘りしてあげれば、より女性との距離を近づけることができます。

1-1.女性は共感を求めている

説教というのは、それと真逆の事ですよね。女性の話を否定し、自分の考えを押し付けるのですから。

女性が求めている理想の男性像とは、「話をちゃんと聞いてくれて、共感してくれる存在」です。まずはそれを覚えておきましょう。

1-2.説教臭い男の実例

ではここで、女性に嫌われる説教臭い男性の例を一つ紹介しておきます。

「○○さんは将来の事とか何か考えてるの?」

「んー…特に何も考えてないかなぁ」

「ダメだよそれじゃあ!いつ何が起こるかわからないんだから、ちゃんと将来の事も考えなきゃ」

「だって別にやりたいことなんてないし…」

「俺なんて学生時代から…(延々と続く)」

他に男性が言いがちなセリフとして

「君は何もわかっちゃいないよ」

「もっと色々考えて行動しなきゃ」

「俺が若い頃はさぁ」

「人生はそんな甘いもんじゃないよ」

などなど。あなたも女性に一度は言った事のあるセリフではありませんか?

男ならつい言ってしまうこれらのセリフ。言った本人は相手の事を思って言っているのですが、当の女性は「また始まったよ…早く終わらないかな」と思ってたりします(笑)

もし女性にあーだこーだと口酸っぱく言っている自覚があるなら、今すぐ止める努力をしましょう。避けられるようになってからでは遅いのです。

2.できる女性はあえて「説教させている」

楽しそうに話を聞く可愛い女の子

実はですね、キャバ嬢のように男性を知り尽くしている女性ほど、敢えて説教させるように仕向けているんですよ。

男性が説教好きな事を心得ているので、わざと「私何にも考えてなぁい」みたいな言い方をして説教癖を引き出してくるのです。そうすれば男性に喜ばれる事を知っているんですよね、彼女達は。

2-1.モテない男ほどキャバクラにハマる

だから「モテない男性ほど勘違いしている「痛い」思い込みとは」という記事にも書いたように、モテない男性ほどキャバクラや風俗にハマってしまうのです。

キャバ嬢に限らず、俗にいうプロ彼女と呼ばれる女性は皆こういった傾向があります。そうやって男性の心を上手に掴んでいるんですね。

2-2.モテたいなら女性を喜ばせることを考える

で、つまり何が言いたいのかというと、男性もモテたいのなら女性をとことん喜ばせられる振る舞いをしようぜ!って事です(笑)

自分が楽しもうとするのではなく、ホストのように相手を楽しませる事に注力するのです。僕自身そうやって多くの女性の心を掴んだし、お付き合いもしてきました。

騙されたと思って一度やってみてください。反応の違いに驚くはずです。

最後にまとめ

女性の話をずっと聞いている中々疲れるものですが、その分大きく距離を縮める事ができます。

慣れないうちは苦労するかもしれませんが、やってみる価値はあるので是非試してみてくださいね。

決まったフレーズを使うだけで女性を惚れさせる「15の会話テンプレート」はコチラ!

トップへ戻る