雰囲気が重要?アーティストが女性にモテる理由とは

記事を拡散してもらえたら嬉しいです♪

ギターを奏でる男性

突然ですが、アーティストってモテると思いませんか?

よーく見るとそんなにカッコよくない人もいるのに、なぜか女の子にはモテモテ。男からすれば、なんであんなゲス野郎男がモテるんだよ!と憤りたくもなりますよね。

実はアーティストがモテるのには、ちゃんとした理由があります。そして、それはあなたでも簡単に真似することができるのです。

という訳で、今回は「アーティストが女性にモテる理由」をお話していきたいと思います。

1.アーティストっぽい雰囲気がモテの秘密

アーティストと聞いて思い浮かべるのは、ミュージシャンやデザイナー、画家といったところでしょうか。確かにイケメンな人も多いのですが、正直そうでもない人だっていますよね?(笑)

でも彼らは、間違いなくモテモテです。こちらが知らないだけで、裏では色んな女性とアバンチュールを楽しんでいることでしょう。

ですが

「俺はアーティストになれる才能なんてないし、関係ないな…」

とは思わないでください。

勘違いしないでほしいのですが、彼らはアーティストだからモテているのではなく、「アーティストのような雰囲気がある」からモテているのです。

独特の服装やヘアスタイルに加え、その分野に関する卓越した知識と感性によって、そうした雰囲気を醸し出しています。とはいえ、いきなりそれを真似しろといっても難しい話です。

実はですね、もっと簡単にアーティストっぽい雰囲気を醸し出す方法があるんですよ。

2.女性の前では感性で物事を語る

今でしょ!ポーズの男性

誰でもできる簡単な方法を1つ紹介します。

それは、「女性の前では感性で物事を語ること」です。感性と聞いて、ビビっとこない人も多いと思いますが、難しく考える必要はありません。

単に

「これ初めて食べたけど、すごく美味しいね!また食べに来ようよ」

「こういうしっかりとした味わいのワインってすごく好きなんだ」

「この歌ってさ、上手くは言えないけど心に響くというか、グッとくるよね」

「やべっ、いい話すぎて泣きそうになってきた。俺涙腺弱いかも(笑)」

こうやってその時の感情で話せばいいだけです。

「全然アーティストっぽくないじゃん!」

と思われたかもしれませんが、理屈や一般論、周りの評価で芸術を語る人ほどウザいんですよ(笑)

プロならまだしも、一般人がやると「何勘違いしてんの?」と一蹴されて終わりです。

ですが、前述のようにその時の感覚や感性で物事を語った方が、思いの外アーティストっぽく見えるものです。

実際、曲の歌詞だってその時の感覚で書かれていることが多いです。その方が人々の心に刺さるということを、彼らは知っています。

上手な言い回しができなくてもいいんです。シンプルにその時感じた気持ちを「言葉」にして現せば、あなたも立派なアーティストになれるのです。

最後にまとめ

モテる人には、少なからずアーティスト的な一面がある気がします。

理屈や一般論ではなく、自分が今感じた事をストレートに現すことができる人は、どんな環境にいてもモテるはず。男は理屈っぽいところがあるので、女性の前では感覚で語るようにしましょう。

機械的な会話だけで気になる女性を惚れさせる「15の会話テンプレート」はコチラ! オススメ!

トップへ戻る