なぜ?女性との会話が続かない3つの理由と改善策

野球帽を被った可愛い女の子

「女性との会話が続かない…」

あなたもそんな悩みを抱えてはいませんか?

会話は「キャッチボール」です。相手の投げたボールをしっかりと受け止め、そのまま投げ返してあげる必要があります。

当たり前のことですが、それすらできていない男性も少なくないのです。女性は相手とのコミュニケーションを大切にするので、「会話を制するものが恋愛を制す」といっても過言ではありません。

なので今回は、「女性との会話が続かない3つの理由と改善策」と題し、女性との会話が続かない原因や改善策をまとめてご紹介したいと思います。

【関連記事】

好きな女性への話しかけ方!話すきっかけの作り方を紹介します

1.女性との会話が続かない理由

会話が続かない男性には、共通する一つの特徴があります。

その特徴とは、「来たボールをきちんと投げ返さない」こと。好きな女の子の前では特に顕著ですね。

あなたもキャッチボールをしたことはあると思いますが、ボールをキャッチしたら必ず投げ返しますよね?そうしないと続けられないし、 楽しむことができません。

会話も同じです。放ったボール(話題)が手元に返ってこないと楽しくないし、続け続けられようにも続けられないのです。

なのにそのボールをちゃんと投げ返さず、押し黙って言葉を発しなかったり、違うボールを投げつけたりする男性が多いんですよね。

会話が続かない理由はそこにあります。今回その原因を3つに分けて解説してみたので、当てはまる箇所がないかチェックしてみてください。

1.1 女性の話をきちんと受け止めない

冷たい男性と不機嫌な女性

「ねぇねぇ、昨日のドラマ観た?あそこのシーンすごく面白かったよね!」

「あー俺テレビ観ないんだよね。それより腹減ったしさ、飯でも食いにいかない?」

あなたもこんな会話をしたことがありませんか?僕は100回くらいありますよ。

ご覧の通り、相手がドラマの話をしようとしているのに全くキャッチしていないんですね。 それどころか違うボール(話題)を相手に投げかけています。

実はコレ、一番やっちゃいけないパターンなんです。「私の話なんてどうでもいいのかな…」と相手に不信感を持たれますからね。

男性は興味のない話や知らない話をふられても、深く掘り下げようとしないことがほとんどです。

しかし女の子は自分の話をとにかく聞いてほしい生き物なので、放たれたボールはしっかりキャッチしてあげないといけません。

でないと「話を聞いてくれないつまらない男」だと思われかねないので、注意しましょう。

1.2 投げ返すボールに問題がある

「昨日お友達とワイン飲んだんだけどね、それがすっごい美味しかったの!」

「へぇ、そうなんだ。ところでシャンパンとスパークリングワインの違いって何だかわかる?」

僕もそうですが、男ってどうもウンチクを語りたがりますよね。

「知っている知識をひけらかしたい」「自分の方が優れていることを相手に認めさせたい」からこそ、ついつい語ってしまうところがあります。

ただですね、はっきりいって女性はウンチクなんてどうでもいいんですよ。ただ美味しいお酒を飲みたい、で誰かにその体験を話したい、それだけなんです。

なので男がウンチクを話してる間は「また始まった…これいつ終わるのかな…」と思われてる可能性が高いです。

女の子が求めているボールをきちんと返せるようにしておきましょう。

1.3 投げるのではなくバットで打ち返す

強い打球を放つバッター

「最近仕事で失敗すること多いんだ…一生懸命頑張ってるはずなんだけどなぁ…」

「仕事を一生懸命頑張るのは当たり前のことだよ。失敗が多いならその理由を自分なりに考えなきゃ。そもそも君はね…」

女性が求める理想の男性像へ近づく為のポイントと注意点」という記事でも書きましたが、男って女の子についつい「お説教」をしてしまいますよね。

相手のことを思って言っているのもあれば、前述のように自分の方が優れていると相手にわからせるためにする人もいます。

でも説教されて嬉しい女の子はいません。キャッチボールなのにバットで思い切りライナーが返ってきたら怖いでしょ?(笑)

相手が男であれ女であれ、来たボールはちゃんと手で投げ返してあげるのが鉄則です。

2.相手を尊重する気持ちが大切

上述の3つのパターンに共通して言えるのは、「相手のことを全く尊重していない」ということです。

2.1 女性は皆お姫様願望がある

「すごさをアピールしてやろう」という意思の現れから、相手のことなど考えずに自分の言いたいことばかりを話しているのです。

キャッチボールのはずが、自分一人で壁にボールを投げつけているのと同じことですね。

反対に、女性はみんなお姫様願望があります。だから「自分の話をちゃんと聞いてくれて、共感してくれる人」を強く求める傾向があるんですね。

2.2 モテる男は女性の心理を理解している

世の中のモテる男性達は、そういう女性心理を誰に教えられる訳でもなく理解しています。

だから女性を喜ばせる方法や好かれるポイントを熟知しているし、要所要所で柔軟に対応できるんですね。

女性と話す時は、主語を「オレ」ではなく「あなた」にしなくてはなりません。「相手不在」ではなく、常に「相手主体」で行動するようにしてくださいね。

3.交際にはもう一段上の「会話術」が必要

上記のポイントを踏まえれば、「女性との会話が続かない」ことも無くなるでしょう。

ただし、あなたが相手との「交際」を最終目標にしている場合、もう一段上の「会話術」を身につける必要があります。

それもただの会話ではなく、「異性を落とす為の会話」が重要となってくるんですね。

ぶっちゃけた話、

“この会話を知っているか否かで、彼女が作れるかどうかが決まる”

といっても、決して過言ではありません。

僕もそれを使ったことで、彼女のいない日常から抜け出し、以降「女性に困ることのない日常」を手に入れることができました。「もし知らないままだったら…」と思うと、今でもゾッとします(苦笑)

その『会話』についてはコチラにまとめてあるので、彼女がほしい方はぜひ目を通してみてください。

モテる会話術の「正体」とあなたがモテない「真の原因」とは?

最後にまとめ

いかがでしたでしょうか?

女性を前にすると「素敵なオレ」を演出することばかり考えてしまいますが、まずは「素敵なアナタ」の演出に努めましょう。

そうすれば、他の男と一味違った良さを引き立たせることができます。ぜひ試してみてくださいね。

あと余談ですが、彼女よりも『セフレ』を作る方が、リスクも少なく簡単です。成功すれば「セフレ→彼女」にするだけなので、ある意味最も確実な流れといえるかもしれません。

詳しくはコチラで解説してるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください^^

オンナの理性を引き剥がし、着実にセフレ化させる『禁断のアプローチ術』はコチラ!

トップへ戻る