社内恋愛のメリット・デメリットとは?経験談を元に徹底解説!

記事を拡散してもらえたら嬉しいです♪

勉強と書かれたサイコロ

職場での出会いから恋愛関係に発展したという人も多いのではないでしょうか。

僕自身、職場恋愛が悪いことだとは思いません。今まで何度も経験してきましたからね。

そうして得た経験を元に、今回は「社内恋愛のメリット・デメリット」を徹底解説していこうと思います。

1.社内恋愛のメリット

まずは職場恋愛のメリットについて解説していきます。

他の恋愛にはない特徴ばかりなので、よく確認しておいてくださいね。

1-1.恋愛経験値が問われない

チャンスだぞ

職場恋愛に恋愛経験値はそれほど必要ありません。

例えばあなたが合コンに行き、そこで気になる女の子がいたとしましょう。当然あなたの目標は相手と親しくなって連絡先を手に入れることですよね?

ですが、たった数時間の間で連絡先を交換できるまでの関係になるには、やはりそれなりの経験値が必要です。

一緒に参加している男もライバルのようなものですからね。はっきりいって交際経験の少ない男性には厳しいと言えます。

かたや職場では毎日のように顔を合わせることになるので、恋愛経験の少ない人でもある程度の時間をかけて関係を構築していくことができます。

合コンが「短距離走」なら、職場恋愛は「持久走」のようなものだと思っておいてください。

1-2.相手との距離が近い

基本的に、女性は初対面の男性に対して警戒心を持っています。

少し身体が触れたり声をかけただけでも身構えてしまうのは、「自分を安売りしたくない」という気持ちの表れです。

こちらが下心なく接したつもりでも、相手には「狙われている」と捉えられてしまうのです。

それに比べ、職場の女性はとてもフラットに接してくれますよね。それって「職場という空間で毎日顔を合わせているから」なんです。

「知らない男の人」じゃないから相手も身構えないし、警戒心も持たれません。

話しかけたらちゃんと目を見て返してくれる。これだけでもかなりのメリットといえるかもしれませんよ。

1-3.仕事へのモチベーションが高くなる

袖をまくり上げるサラリーマン

社内恋愛の素晴らしいところは、「好きな人と毎日会える」ことでしょう。

例え付き合っていても、同棲していたり同じ職場じゃなければ毎日顔を合わすことはできませんよね。

職場ならそれも可能です。常に相手を意識しているから身だしなみも整えるようになるし、いいところを見せるために仕事にも意欲的に取り組むようになるでしょう。

僕も職場にいる数少ない若い女の子と社内恋愛したことがありますが、その時は仕事に行くのが楽しくて仕方がなかったです。

いつも「めんどくせぇ~」と思っていた仕事にもガツガツ取り組むことができました。

恋をすることで仕事面でもプラスになる。それは間違いないでしょう。

1-4.毎日顔を合わせることができる

社内恋愛の醍醐味は、やはり毎日同じ空間で過ごすことができるという点です。

社会人ともなると、恋人と会えるのも多くて週に1、2回といったところだと思いますが、同じ職場であれば会えない寂しさなど一切感じなくて済みます。

職場が同じだけあって共通の話題ができるし、彼女の仕事での悩みに共感してあげる事もできます。

辛い時でも彼女が頑張っている姿をみればやる気が出てきますしね。

2.社内恋愛のデメリット

さて、ここからは職場恋愛のデメリットを解説していきたいと思います。

恋愛にリスクはつきもの。メリットだけでなく、デメリットについてもしっかりと理解しておきましょう。

2-1.恋愛する際のリスクが大きい

リスクと書かれたサイコロ

リスクのない恋愛など存在しませんが、社内恋愛は特にリスクが大きいと言わざるをえません。

主なリスクを紹介しておくと

  • 交際がバレるとまわりから好奇の目で見られたり、「公私混同だ」と非難される
  • 同性からの嫉妬や嫌がらせ
  • 別れた後も顔を合わせ続けないといけない

大きくこの3つに分けられます。1つずつ解説していきましょう。

交際がバレると好奇の目で見られたり「公私混同だ」と非難される

本来職場は仕事をする場所であり、恋愛する場所ではありません。

その為、交際がバレた時は妙な噂を流されたり、まわりから気を使われるようになるかもしれません。

相手とケンカでもしていようものなら、まわりも気まずい雰囲気になってしまうし、「会社にプライベートのゴタゴタを持ち込むなよ!」と非難されることにも繋がります。

そうなれば互いの人事評価にも影響を及ぼすかもしれませんし、最悪の場合どちらかが移動させられる可能性もあります。

同性からの嫉妬や嫌がらせ

これはどちらかというと女性側の問題です。

ご存知かと思いますが、女の嫉妬はとても厄介なもの。会社でも本質は変わりません。

彼女が職場の男と付き合っていると知られれば、まわりの女達からどんな嫌がらせをうけるか想像もできません。

「先輩から普段やっていない仕事を押し付けられるようになった」

「仲良くしていた人達に無視されるようなった」

「彼との変な噂を流されて困ってる」

実際こんな話もあったりします。女の嫌がらせは陰湿ですから、あなたの知らないところで彼女が傷つけられてしまうかもしれません。

あなたに直接被害はなくても、絶対に知っておかなければならないことです。

別れた後も顔を合わせ続けないといけない

別れた後も職場で毎日の顔を合わせないといけない。これはとても辛いことです。

仕事なので話さないといけない場面も出てくるでしょうし、

僕のまわりでも、社内恋愛で別れた後に気まずい思いをした人たちが沢山います。

「別れた後に仕事に行くのが嫌で嫌でしょうがなかった…地獄のようだったよ…」

「職場でも気まずくなりすぎちゃってさ、結局会社辞めちゃったんだよね…」

「まわりの人もかなり気を使ってくれてたみたいでさ…なんか申し訳なさすぎて…」

話を聞けば、みんな同じようなことを語ります。

何を隠そう、僕も社内恋愛していて別れた後にとても気まずい経験をしたことがあります。

付き合っていた頃は仕事へのモチベーションも上がっていたのに、別れた後は会社行くのも嫌になり、身体を壊したこともありました。

その女の子は結局辞めていきましたが、下手をすれば僕の方が会社を去っていたかもしれません。これこそ社内恋愛の最大のデメリットと言えるでしょうね。

2-2.相手に行動を知られてしまう

虫眼鏡で覗く女性

相手と別々の会社で働いている場合、当然ながら互いの仕事の状況などわかるはずもありません。

ですが、同じ職場であれば相手の行動など筒抜けです。特に女性同士の情報網は凄まじく、ほんの些細なことでも相手の耳に入ってしまいます。

「この前○○ちゃんと二人きりで話してる所見たよ」

「会社の近くのレストランで綺麗な女の子と食事してたけど、どういう関係?」

こうした行動も他人の口から彼女の耳に入ることになり、結果よからぬ争いのもととなってしまうのです。

浮気性の男がよく口にする「最近仕事で忙しいんだ」というセリフも使えませんしね。

同じ職場ということは、常に監視されているようなもの。でも逆を言えば、あなたも彼女の行動を監視することができるのです。

前述したように彼女と毎日同じ空間で過ごすことができるので、全てがデメリットという訳ではないかもしれません。

最後にまとめ

社内恋愛にはプラスの面もあればマイナスの面もあり、まさに一長一短といえます。

付き合っている間は楽しい事の方が多いですが、別れてしまえば辛い現実を過ごすことになります。どちらにせよ、「メリット・デメリット」をよく理解した上で始めることをオススメします。

なお、コチラの記事に「女性を惚れさせる会話術」を紹介しているので、併せてチェックしてみてください。

決まったフレーズだけで好きな女性を惚れさせる「15の会話テンプレート」はコチラ!

トップへ戻る