女性に好かれる男性が実践している褒め方のコツ【職場編】

記事を拡散してもらえたら嬉しいです♪

嬉しそうな表情の女子社員

女性を褒めるのは有効なアプローチではあるものの、職場では中々効果を発揮しません。

「○○さんはホントに仕事が速いね」

と褒めたところで、「どうせ他の人にも言ってるんだろうな」と社交辞令のように受けとられる可能性が高いからです。

かといって露骨に「可愛いね」などと褒めれば、セクハラと捉えられてしまうでしょう。その為、会社では下心があると思われないよう自然に褒める必要があります。

今回は「女性に好かれる男性が実践している褒め方のコツ【職場編】」と題し、その方法を詳しく解説していきたいと思います。

1.第三者の言葉を使う

職場で女性を褒める際に覚えておいてほしいのは、「個人的に褒めるのではなく、第三者の視点に立って褒める」ことです。

例えば、あなたがお客様の対応をしている時に彼女がお茶を運んでくれたとしましょう。

その際、後で彼女と会ったときに

「さっきのお客様、○○さんは笑顔が素敵ですねって褒めてらっしゃったよ。」

と伝えてあげるのです。これはその人が実際に言っていなくても大丈夫です。。

第三者からの言葉であれば素直に受け入れてもらえるし、下心を感じさせることもありません。

2.第三者に彼女の魅力を伝える

笑顔で紹介するサラリーマン

あるいは、第三者に彼女の魅力を伝えるという方法もあります。

彼女の上司に向けて

「○○さんの資料は綺麗にまとめられていてすごくわかりやすいんですよ」

と伝えてみる。

あるいは取引先に紹介するときに

「彼女、仕事がめちゃくちゃ早い者勝ちんですよ。僕と違って(笑)」

と付け加えてみるのも効果的でしょう。

ちなみに部下の女性を第三者に紹介するとき、かなり使える方法がコレ。

「今回のプロジェクトで僕のパートナーを務める○○です」

通常なら「部下の○○です」といった表現で紹介しがちですが、あえて「パートナーという表現を用いたことで、彼女に対しての信頼感を見せることができます。彼女の実力を認める事にも繋がりますしね。

いずれも彼女があなたの傍にいるときに発言するようにしてくださいね。

3.好意の返報性を利用する

「好意の返報性」という言葉をご存知でしょうか?

自分に好意を持つ相手には、同じように良い感情を持つことを意味します。

誰だって会社での仕事ぶりを褒められたら嬉しいですよね?例え第三者を使った間接的な褒め言葉であったとしても、あなたの口から出た言葉に変わりはありません。

どんな形であれ彼女の努力を認める発言をしてあげれば、相手もあなたを好意的な目で見てくれるようになります。

4.褒める際の注意点

一生懸命メモを取る女子社員

第三者を使う際、注意したい点があります。それは相手がイケメンの場合、あなたが恋のキューピッドになってしまうことです。

人間どこで惹かれあうかわかりませんからね。彼女が興味を示さないような男性を選ぶようにしましょう。

また「彼女は仕事が丁寧なんですよ」と紹介した後、彼女から「どこでそう思ったんですか?」と尋ねられる可能性もあります。

もしあやふやな返答をすれば、「この人適当に言っただけなのかな…」とか「口からでまかせ言っただけなのかな…」と落胆されます。これじゃむしろマイナスですよね。

なので間接的に相手を褒める場合は、具体的な根拠をあらかじめ考えておくことをオススメします。

好きになった相手の長所を見つけるのはそれほど難しくはないはず。普段から彼女の仕事ぶりを観察しておきましょう。

最後にまとめ

合コンで「可愛いね」とか「モテそうだね」といった発言をしたところで、反発を招くことはありません。

しかし職場で同じことを言えば、高い確率でセクハラと認定されてしまうでしょう。職場は本来仕事する場所。いかにさりげなくアプローチしていくかが重要なのです。

なお、コチラの記事に「どんな女性でも確実に惚れさせる会話術」を紹介しているので、併せてチェックしてみてください。

決まったフレーズを使うだけで女性を惚れさせる「15の会話テンプレート」はコチラ!

トップへ戻る