女性と話すコツとは?モテる男に学ぶ「会話」のルール10選

記事を拡散してもらえたら嬉しいです♪

物思いにふける男性

「女性と上手に話すコツって何なんだろう…」

それを知りたい男性も多いのではないでしょうか。

実は、女性との会話にはいくつかの「ルール」が存在します。モテる男は皆、そのルールに乗っ取った会話を展開し、女性の心を上手に掴んでいるのです。

今回は「女性と話すコツとは?モテる男に学ぶ会話のルール10選」と題し、そのルールについて詳しく解説していきたいと思います。

1.余計なことは一切考えない

会話ベタな人ほど、話の最中に余計なことを考えている傾向があります。

「今日の晩飯何にしようかな」

「昨日のテレビに出てた女の子、超可愛かったなぁ」

とかね。

確かに女性特有のオチのない話を聞くのは疲れますが、上の空で聞いていても必ずバレます。

女性は話を聞いてもらうことに喜びを感じる生き物なので、まともに話を聞かない男性は嫌悪感を抱かれ、恋愛対象から外されてしまいます。

逆にどんな話でも笑顔で聞いてくれる男性に対しては、女性も親近感を持って接するようになるのです。

聞き上手はモテ上手といいますが、女性と話す際は余計なことを考えず、相手の話にジッと耳を傾けるようにしておきましょう。

2.話す時は笑顔を欠かさない

仏頂面で会話していても、女性を楽しませることはできません。どんなに相手の話が面白くなくても、話の最中は笑顔を絶やさないようにしましょう。

笑顔には「感染効果」があり、こちらがニコニコしていれば、相手も楽しくなって自然と笑顔になります。

ちなみに魅力的な笑顔を作るには、言葉の最後に「イ」をつけるイメージで話すのがポイント。「イ」と発音するには口を横に広げる必要があるので、自然に口角が上がり、笑顔を見せることができます。

企業の受付嬢も実際にやっているテクニックなので、ぜひ試してみてください。

3.些細なことでも褒めてあげる

手を広げて伝える男性

褒められて嫌な気分になる女性はいません。モテる男もその辺は熟知しているので、女性を褒めるなど朝飯前。もはや息をするような感覚で相手を褒めています。

ただ、一般の男性は褒めるのがヘタクソです。頑張って褒めたつもりが、逆に相手を不快にさせてしまうことも珍しくありません。

当サイトでは女性の褒め方についても詳しく解説してあるので、この機会にチェックしてみてください。

超簡単!女性を喜ばせる「魔法」の褒め言葉

褒め上手はモテる!女心をくすぐる「言い換え」のコツ

4.余計なアドバイスはしない

女性は何かあれば相談事を持ちかける生き物ですが、大抵の場合「ただ聞いてほしいだけ」なんですね。

別に「こういうアドバイスが欲しい」とかっていう訳ではないんですよ。変な言い方ですが、ただジッと聞いてあげるだけで勝手にスッキリして元気になってくれます(笑)

その辺をわかっていない男性ほど、あれこれとアドバイスしてしまいますが、完全に逆効果です。

内容に関わらず、女性との会話は「聞く」側に徹しておきましょう。

5.余裕のある態度で話す

余裕のない男は魅力的ではありません。

「まだかよー早くしろよ」

「そんな事にいつまで時間かけるの?」

こんな発言をするようでは、女性も話す気が失せてしまいますよね。反対に、どんな状況でも焦らずに構えていれば、相手に大人としての余裕を感じさせることができます。

もし身近にモテる男がいるなら、一度じっくりと観察してみてください。かなりリラックスした状態で会話しているはずですよ。

なお余裕の身につけ方については、「余裕のある男がモテる秘密とは?上手な身につけ方を大公開」という記事を参考にしてみてください。

6.相手の考え方を受け入れる

キザなサラリーマン

女性の話を聞いていて、色々突っ込みたくなる時もあると思います。

ですが、もし反対意見があったとしても、一旦は相手の話を受け入れるようにしましょう。

女性は感情で動く生き物ですから、こちらの考えを述べたところで、良い結果に繋がることはまずありません。

それに、もしかすると相手の言っていることの方が正しい場合もあります。むやみに意見するのではなく、何でも受け入れる寛容な男を目指しましょう。

7.話す長さは気にしない

話す時間が長ければ長いほど、相手との関係は深まっていきます。

しかし会話が苦手な男性にとって、女性と会話を続けるのは大変なことではないでしょうか。なので、まずは話す長さを一切気にせず、話す「回数」を増やすことから始めてみましょう。

話す回数が増えれば、相手もあなたの存在を意識するようになります。回数が増えれば、自然と話す時間も増え、相手との距離も縮まっていくでしょう。

8.断定口調で話さない

断定的な話し方をする人は、相手の反発を招きやすいといえます。

「絶対そうだって。間違いないよ」

「そんなの100%あり得ないよ。なにか勘違いしてるんじゃない?」

「こんなの○○しか考えられないよね」

「この原因は○○であると断定できます」

などなど。根拠もなくこういた発言をすると、「押しつけがましい」言い方に感じられませんか?

国会の答弁ではありませんが、はっきりとした確証がない状況で発言する際には

「○○なんじゃないかと思う」

といったように、若干あいまいなニュアンスで伝えた方が、よからぬ反発や誤解を招かずに済むでしょう。

9.自慢話やウンチクを語らない

モテない男性ほど自慢話やウンチクを語ろうとしますが、言えば言うほど男としての魅力が下がっていきます。

女性も表面上はニコニコしながら聞いてくれますが、心の中ではドス黒いことを考えていたりするものです(笑)

そんなしょーもない話をするくらいなら、仕事中のおちゃめな失敗談でも語ってあげましょう。その方が100倍親近感を持ってもらえますよ。

10.話の最中は必ず目線を合わせる

人と話す時は相手の目を見るのがマナーです。しかし女性と話す場合、中々それができないという人も少なくありません。

ですが目を合わせる時間が長ければ長いほど、相手に親近感を持ってもらうことができます。心理学でも「アイコンタクトの原理」と呼ばれており、見つめる時間と好意の向上は比例しているといえます。

ちなみにアイコンタクトを上手にとるには、「相手のまばたきを数える」のが手っ取り早い方法です。

深く考えず、とりあえず相手のまばたきの回数を数えていれば、結果的に相手の目を見続けることになり、自然なアイコンタクトをとることができるようになります。

もし女性の目を見るのが苦手という人は、こういった方法を試してみるのもアリでしょう。

11.確実に交際へ発展させるには?

上記のポイントを踏まえれば、女性との会話に苦労することもなくなるでしょう。

ただあなたがもし、相手の女性との交際を考えているのなら、もう一段階上の「相手の好感度に合わせたコミュニケーション術」が必要となります。

相手からの好感度を見抜き、それに合わせた会話を展開するだけで、どんな女性でも100%近い確率であなたに依存し、惚れさせることができるでしょう。

その具体的なやり方ですが、僕はこれで身に付けることができました。

決まったフレーズだけで好きな女性を惚れさせる「15の会話テンプレート」はコチラ!

コミュニケーション術だけでなく

  • お笑い芸人のように女性を笑わせる会話術
  • 女性を誘いやすく、話しやすいデートコース
  • 「告白→キス→SEX」を確実に成功させる流れ

などもギッシリと詰まっています。

正直な話、これを知っていなければ、僕は今でも「彼女いない歴=年齢」だったかもしれません(笑)

この記事では語りきれませんが、どうしても手に入れたい女性がいるのなら、きっとあなたの役に立つと思いますよ。お試しあれ。

最後にまとめ

いかがだったでしょうか?

会話ベタで悩む男性は少なくありませんが、そのまま放置していては永遠に「モテない男性」から抜け出すことはできません。

少なくとも当記事を読めば、会話ベタである原因は理解できるでしょう。

なお、コチラの記事に「好きな女性を確実に手に入れる告白術」を紹介しているので、併せてチェックしてみてください。

86.7%の確率で片想いの女性をGETできる「非常識な告白術」はコチラ! オススメ!

【あわせて読みたい記事】

女友達を落とす簡単な方法とは?彼女にするための3つのステップ

禁句!?女性の前で言ってはいけない言葉とは

女性を思うままに惹きつける会話のテクニック4選

なぜ?女性との会話が続かない3つの理由と改善策

好きな女性に男として意識させる「超簡単」な方法

トップへ戻る