好きな女性への話しかけ方!話すきっかけの作り方を紹介します

「女の子への話しかけ方がわからない…」

そんな悩みを持つ人も少なくありません。

話すきっかけがない、タイミングがわからない…など、色々原因はあると思います。

僕も口下手なので、女性に声をかけるのは苦手でした。ただ少し考え方を変えただけで、躊躇なく話しかけられるようになったのも事実です。

そこで今回は「好きな女性への話しかけ方!話すきっかけの作り方を紹介します」と題し、上手な話しかけ方や、話しかける口実の作り方を紹介したいと思います。

【あわせて読みたい記事】

女性を楽しい気分にさせる3つの会話術

女性と話すコツとは?モテる男に学ぶ「会話」のルール10選

1.【前提】余計なことを考えずに話しかけよう

まずはマインド的な部分から。

基本的に声をかけるのが苦手な人は、話しかける前に色々と考え込んでしまう傾向があります。

  • 「もし嫌な顔をされたらどうしよう」
  • 「返事がなかったらどうしよう」
  • 「声が裏返っちゃったらどうしよう」

こんな事をゴチャゴチャと考えていては、いつまで経っても一歩を踏み出せないですよね。

話さないことには何も始まりません。余計なことは一切考えず、開き直るくらいの勢いで話しかけることが大切です。

1.1 女性からの反応は気にしない

あえて言いますが、普段接していない女性に声をかけても、いい反応をもらえることってほぼありません。

大抵の場合、「私に何か?」みたいな反応をされます。イケメンならわかんないけど。

あなた自身を例に考えてみてください。ある日、親しくもない人に「あのぉ」と話しかけらたら、一瞬身構えるというか、警戒しますよね?

女性なら余計にそう。男に声をかけられて満面の笑顔で返してくれる子など、そうはいません。

なにが言いたいのかというと、「話しかけたときの相手の反応は気にするな」ってことです。

美人だろうとブスだろうと、この辺は同じ。みんな一緒です。大した反応は返ってこないと思っておいた方が、精神的にも楽ですしね。

1.2 声をかけないと何も始まらない

ナンパする男だって、声かけた後のことなど考えていませんよ。「あの子可愛いな!ちょっと声かけよ」くらいの感覚なんです。

たとえ失敗しても、他の女の子にいけばいいだけの話。1人の女性にしがみつくのは時間のムダです。

学校だろうと職場だろうとパーティーだろうと、彼女がほしいなら自分から声をかけ、積極的に女性との繋がりを持つようにしましょう。

コチラもぜひ参考にしてくださいね。

社会人男性必見!女性との出会いを『劇的』に増やせる秘策とは?

Check!

『公式LINE@』始めました!
役立つノウハウや更新情報を完全無料で配信中^^

友だち追加

※「小次郎」で表示されます

2.女の子への上手な話しかけ方とは?

「無心になって話しかけよ」とは言ったものの、やはり話しかける「口実」は必要ですよね。

たぶん例を挙げたほうが早いと思うので、いくつか紹介してみましょう。

【職場・バイト先】

  • 「おはようございます。今日外めっちゃ暑いですよね」
  • 「お疲れ様です。外雨みたいなので気をつけてくださいね」
  • 「今日すごく忙しいよね。俺に何か手伝えることある?」

【合コン・パーティー】

  • 「はじめまして!なんかこうして話すと緊張しますね(笑)」
  • 「今日はよろしくね。こういう場所ってよく来るの?」
  • 「こんにちは。ここスゴく人多いですよね」

【学校】

  • 「ごめん、ノート取り忘れたからちょっと見せてもらえない?」
  • 「そういえばさ、次の授業ってどこでやるんだっけ?」
  • 「ここがよく理解できなかったんだけど、○○さん解る?」

【待ち合わせ】

  • 「お待たせ!人多いから一瞬どこかわからなかったよ(笑)」
  • 「もう着いてたんだね。来るとき迷わなかった?」
  • 「A子の私服って初めてみたかも。シックな感じが似合ってるね」

などなど。職場やパーティーなど、状況によって使い分ける感じですね。

大切なのは、突然話しかけても不自然ではない話題にすること。

職場なら挨拶するのは当然だし、パーティーも人が多くて当たり前。学校で勉強を教えてもらうのも普通のことですよね?

そういう話題なら相手も返しやすいし、不審に思われることなく会話を続けられるという訳です。話す口実が見つからない人は、その辺を意識するといいでしょう。

2.1 最初は「当たり障りのない話題」から始める

いずれにせよ、最初は当たり障りのない話題から入る方がいいですね。いきなりプライベートな話をすると「空気の読めない自己中野郎」と思われます。

第一声も「あのぉ」とかじゃなく、「○○さん」と言ってあげる方がいいですよ。

「カクテルパーティ効果」といって、人はどんなに騒がしい場所でも、自分の名前を聞くと「ピクンッ」と反応する習性があります。

wikipediaでも以下のように記述されていますね。

カクテルパーティーのように、たくさんの人がそれぞれに雑談しているなかでも、自分が興味のある人の会話、自分の名前などは、自然と聞き取ることができる。

【出典】wikipedia「カクテルパーティ効果」より

また、アメリカの心理学者の実験によると、

男女に15分間会話をさせて、会話の中で相手の名前を呼んだ場合と呼ばなかった場合の印象を尋ねた。

すると、名前を呼んだ時の方が「フレンドリー」「社交的」「もう一度会ってみたい」など、相手に対して好印象を持つ結果となった。

【出典】Chris L. Kleinke(著)”Meeting and Understanding People” より

という結果も出ています。

このことからも、人は名前を呼んでくれる相手に好印象を持つ生き物なので、僕も可能なかぎり伝えるようにしています。

2.2 話しかけるタイミングも超重要

声かけのタイミングも重要ですね。仕事などで忙しそうにしているときや、他の人との会話中に割り込むのは絶対に避けましょう。

何かに集中しているときに話しかけても、悪い印象しか残りませんからね。

彼女が誰とも話していないときや、バタバタしていないタイミングを狙い、声をかけるようにしてください。

2.3 女性との会話を長続きさせるには?

話しかけたらそれで終わりじゃないですよね。相手との距離を縮めていくには、話をどんどん派生させていく必要があります。

僕もそれが苦手だったんですが、「あること」を意識しただけで、女性と延々話し続けられるようになりました。ぶっちゃけ「別人」にでもなったような感覚でしたね(笑)

詳細はコチラにまとめてあるので、興味のある方はぜひ覗いてみてください。

女性と話すのが苦手な男性へ!すぐに話し上手になれる5つの会話術

3.交際には「もう一段上」の会話術が必要?

上記のポイントを踏まえれば、どんな女性にもスムーズに話しかけられるでしょう。

ですが、あなたが相手との「交際」を最終目標にしている場合、もう一段上の「会話術」を身につける必要があります。

それもただの会話ではなく、「異性を落とす為の会話」が重要となってくるんですね。

ぶっちゃけた話、

“この会話を知っているか否かで、彼女が作れるかどうかが決まる”

といっても、決して過言ではありません。

僕もそれを使ったことで、彼女のいない日常から抜け出し、以降「女性に困ることのない日常」を手に入れることができました。「もし知らないままだったら…」と思うと、今でもゾッとします(苦笑)

その『会話』についてはコチラにまとめてあるので、彼女がほしい方はぜひ目を通してみてください。

モテる会話術の「正体」とあなたがモテない「真の原因」とは?

モテる会話術の「正体」とあなたがモテない「真の原因」とは?
「彼女が欲しいのにできない…」 そんな男性ほど「女性を落とす為の会話」ができていません。 いい人どまりや友達どまりで終わ...

「女の子への話しかけ方」まとめ

「好きな女の子への話しかけ方」はいかがだったでしょうか。

相手を好きであればあるほど、話しかけるのにも緊張してしますよね。話す口実を考えるだけでも一苦労だと思います。

でも一度乗り越えれば、次に話しかけるのはとても楽になります。何事も最初が肝心といいますが、勇気をふり絞り、最初の一歩を踏み出してみましょう。

あと余談ですが、彼女よりも『セフレ』を作る方が、リスクも少なく簡単です。成功すれば「セフレ→彼女」にするだけなので、ある意味最も確実な流れといえるかもしれません。

詳しくはコチラで解説してるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください^^

オンナの理性を引き剥がし、着実にセフレ化させる『禁断のアプローチ術』はコチラ!

【好きな女性をGETしたい人にオススメの記事】

女性をドキドキさせる言葉とは?惚れさせる方法を紹介します

【重要】片思いの女性を振り向かせる「たった1つの方法」とは?

女に追わせる方法3選!美女を「心酔」させるコツを暴露します

好きな女性に男として意識させる「超簡単」な方法

社会人男性必見!女性との出会いを『劇的』に増やせる秘策とは?

女性を楽しい気分にさせる3つの会話術

女性と話すコツとは?モテる男に学ぶ「会話」のルール10選

女友達ほどセフレにしやすい?その理由と具体的な方法を紹介します

超簡単!女性を喜ばせる「魔法」の褒め言葉

トップへ戻る