デート代は奢るべき?それとも割り勘?気になる「答え」を発表します

「デート代は男が払うのが当たり前だ」

昔から散々言われていることですよね。

男としては全額払ってカッコつけたい所はある。けど、正直お金に余裕がある訳でもないし、できれば割り勘で済ませたい…

あなたもそう感じてるんじゃないでしょうか?

僕もそうでした。何とかデート代を捻出するものの、次第に「毎回おごる必要あるのかな…」と自問自答するようになったのです。

そうして幾多の女性とデートを重ねた結果、最終的に「ある一つの結論」に達しました。それ以降、「奢る・奢らない」でいちいち悩むことも一切なくなりましたね。

今回はその答えをお伝えすべく、今回は「デート代は奢るべきか割り勘にするべきか?」についてお話したいと思います。

1.女性とのデート代はおごるべきなのか?

まず結論から申し上げると、デート代は「基本的におごるべき」です。

「基本的」としたのは、相手の価値観による部分も大きいから。状況によっては「奢らない」という選択も可能になります。

例えば相手の女性が

「奢らない男とかありえない!論外っしょ!ムリムリ!」

という考え方だったとしましょう。

当然、この場合は絶対に奢らなくてはなりません。これは「奢らない男=恋愛対象にならない」という意味なので、奢らないと交際まで発展できないからです。

反対に、相手が

「別に奢りじゃなくても大丈夫かな~」

という考え方であれば、割り勘でも問題はありません。奢るのを避けたいのなら、このタイプ狙っていくことが重要です。

という訳で、ここからは

“割り勘OKな女性と絶対奢るべき女性の見分け方”

について詳しくお伝えしましょう。

2.「割り勘OKな女性」と「絶対奢るべき女性」の見分け方とは?

2.1 絶対奢るべき女性の見分け方

このタイプの見極めは簡単です。

女性と過去の恋愛について話した際、

「元カレは皆おごってくれたし、そういう人としか付き合ったことがない」

とか

「初デートで割り勘にしてきた男がいてさ、なんか急激に冷めちゃったんだよね」

と話していれば、それだけで確定です(苦笑)

このタイプは「奢られるのが当然」という感覚であり、奢らない男とは付き合おうとしません。相手の価値観は変えられない為、財布の中身が寂しい人には厳しいタイプだと言えます。

あと「奢る=好きになってもらえる」訳じゃないので、そこは注意しておきましょう。

2.2 割り勘OKな女性の見分け方

反対に、過去の恋愛話で

「元カレとは常に割り勘にしてたかな。フリーターで大変そうだったし」

とか

「付き合っても自然と割り勘になるんだよね。だから奢られた事ってないかも」

といった発言をする場合、割り勘でもOKな女性と言えます。

彼女達は割り勘にマイナスイメージを持っていない為、自分が出すことに何の抵抗もありません。よって割り勘にしたいのなら、この手の女性を狙うことをオススメします。

ただし「ホントは奢りがいいけど割り勘でも大丈夫」というケースもある為、余裕がある方は気にせず奢ってあげましょう。

2.3 絶対に「割り勘!」という女性もいる

数は少ないのですが、たまに

「好きな人には尽くしたくなるんだよね~。だからいつも奢ってあげてたなぁ」

とか

「奢って偉そうにされるのも嫌だし、私は絶対割り勘にしてた」

という女性もいます。

彼女達は奢られるのを極端に嫌う為、むしろ割り勘にしないと印象が下がる恐れもあります。

なかなか出会えませんが、お金を節約するにはもってこいのタイプですね。

3.特殊なパターンの対処法をご紹介

ではテストがてら、1つ「問題」を出しましょう。

あなたが女性と恋愛話をした際、相手がこう発言したとします。

「今まではデートの度に奢ってもらってたんだけどさ、なんか急に申し訳なく感じちゃってね。もう立派な大人だし、最近は私も払うようにしてるんだ」

仮にその彼女とデートに行く場合、支払いは割り勘でもいいと思いますか?

少し考えてみましょう。

答えは出ましたか?

正解はですね…

「全額おごってあげる」

です。

なぜだか解りますか?

3.1 女性の「本能」を刺激することが大切

上記の場合、多くの男性は割り勘を選ぶでしょう。彼女もそれを受け入れるハズだし、表面上は良い雰囲気のまま終わるハズです。

でもこの場合、彼女が割り勘を受け入れているのは、本能というより「理性」に近いんですね。

「今は不景気で男の人も大変そうだから…」

っていう「同情」に近い感覚なんです。

本能では男に全額奢ってもらいたい。だから今までずっとそうしてきたし、それが「普通」だと思い続けてきた。

だからこそ、このケースは「奢る」が正解なんです。割り勘にしていては「元カレ」以下の男にされますからね。本気で狙うなら割り勘にすべきではありません。

一方で奢られた経験のない女性(恋愛未経験の女性)であれば、元カレと比較されることもない為、割り勘でも問題はないのです。

その辺を探る意味でも、「過去の恋愛話」は絶対に聞いておくようにしましょう。

3.2 奢るのは魅力を下げない為にだけ行うもの

あと上でもチラッと書きましたが、「奢った=相手に好かれる」とは思わないでください。

モテない男性ほど

「金さえ使えば振り向いてもらえるだろ!」

という壮大な勘違いをしてますが、女もそこまで単純じゃありません。

奢るのは男としての価値を下げない為に行うもの。あくまで「恋愛対象外」にされない為に行うものです。

そこに見返りを求めてはいけません。

重要なのは、

“奢ったからといって過度な期待はしないこと”

それは心に留めておいてくださいね。

【参考】モテる会話術の「正体」とあなたがモテない「真の原因」とは?

4.正しい割り勘のやり方とは?

ちなみにですが、割り勘にも「上手なやり方」が存在します。

よくテーブルの上でお金を出し合う人達がいますが、これはあまりオススメしません。まわりの人の目もあるし、彼女に割り勘であることを強く印象付けてしまうからです。

食事が終わった後は、あなたが伝票を持ってレジに行きましょう。そしてお会計の際、彼女が財布を出しているか確認したうえで、「~円ある?」を聞いてあげるのです。

これはキッチリ半分にする必要はありません。もし2人で6,480円であれば、「3,000円ある?」と聞けばOKです。あまり細かいとケチくさい印象を与えますからね(苦笑)

ですがもし、相手が財布を出す「素振り」すら見せない場合、その時点で切った方が賢明かもしれません。

それは「男が奢るべきと思っている女性」でも同じです。その辺は社会人としてのマナーですからね。

常識のない女性に関わり続ける必要はないので、さりげなくチェックしておきましょう。

5.お金の節約&上手に恋愛話をする裏ワザがある?

とはいえ、女性とのデート代は少しでも切り詰めたいところですよね。たとえ割り勘でも「安く済ませられる」に越したことはありません。

それに

「恋愛話で元カレのことを探る自信がない…」

という方も少なくはないと思います。変な聞き方をすると好感度を下げる恐れもありますからね。

でも実は、この2つの悩みを1度に解決できる方法があります。

もう少し掘り下げると、

「抵コストで女子ウケ抜群なデートスポット」

「女性から恋愛話を聞き出し、同時に男としても意識させる会話術」

この両方が手に入るノウハウがあるんですね。

僕もそのお陰でデート代を安く抑えられたし、女性を一日中楽しませられるようになりました^^ぶっちゃけ知らないのが「損」とも言えるほど、濃い情報が詰まった内容です。

詳しくはコチラで紹介しているので、興味のある方は是非ご覧になってみてください。

決まったフレーズを使うだけで女性を惚れさせる『15の会話テンプレート』はコチラ!

最後にまとめ

上記の内容をまとめると、

◎男が奢るべきと思っている女性
⇒必ず奢る必要がある

◎割り勘でも構わないと思っている女性
⇒割り勘でもOKだが、余裕があれば奢るべき

◎奢られるのが嫌だと思っている女性
⇒奢らずに割り勘で済ませる

◎ずっと奢られてきたが、今は割り勘でもいい女性
⇒付き合いたいなら奢るべき

といった感じですね。

奢るにしろ割り勘にしろ、デートをするにはお金がかかります。ですがお金で女性の心は掴めません。本当に大事なことは何か、そこは見失わないでくださいね。

あと余談ですが、彼女よりも『セフレ』を作る方が、リスクも少なく簡単です。成功すれば「セフレ→彼女」にするだけなので、ある意味最も確実な流れといえるかもしれません。

詳しくはコチラで解説してるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

オンナの理性を引き剥がし、着実にセフレ化させる『禁断のアプローチ術』はコチラ!

【狙った女性を落としたい男性にオススメの記事】

好きな女性に男として意識させる「超簡単」な方法

恋愛対象に見られない男にありがちな食事デートの失敗例

恋愛対象外?!「いい人止まり」で終わる男性の3つの特徴

社会人男性必見!女性との出会いを『劇的』に増やせる秘策とは?

彼女が欲しいあなたに“絶対必要”な「恋愛会話」の身につけ方

超簡単!女性を喜ばせる「魔法」の褒め言葉

勘違い!?女性に相手にされない男性の6パターン

トップへ戻る