高嶺の花ほど落とすのは簡単?美人を狙うメリットとは

美人を落とすのって難しく感じますよね。

でも実際はその逆。高嶺の花ほど落としやすく、彼女にするのが簡単なんです。

なぜなら、他の男がなかなか手出しできない分、ライバルも少ないので、独占的にアプローチをかけられるからです。

ゆえに中途半端な女を手を出すよりも、「美人オンリー」でいく方がダメージも少なく、効率的と言えるんですね。

よってこの記事では、その高嶺の花を狙うメリットや美人の落とし方を詳しくお伝えしたいと思います。

【あわせて読みたい記事】

女に追わせる方法3選!美女を「心酔」させるコツを暴露します

1.美人を狙う「3つのメリット」とは?

まずは「美人を狙う3つのメリット」からお伝えしましょう。

読まなくてもいいのであれば、中盤の「高嶺の花を落とす具体的な方法とは?」へとお進みください。

1.1【美人を狙うメリット①】ライバルのいない環境でアプローチができる

前述のとおり、美人を狙う最大のメリットは「ライバルのいない環境でアプローチができる」点です。

僕も美人と付き合った経験がありますが、その前は何年も彼氏がいなかったそうで

「男性にアプローチされたのって何年振りだろう…」

と語っていたのが印象的でした。

相手を「美人」と思い込めば思い込むほど、二の足を踏んでしまう。これが世の男達の心理なのです。

1.1.1「美人」と思い込むことで弊害が出る

もっと掘り下げるなら

  • 美人「だから」ブサイクは相手にされない
  • 美人「だから」誘っても断られる
  • 美人「だから」高級なお店じゃないとダメ

などなど。

相手を「Aランクの女」と認識するほど、こうした思い込みが発生してしまうんですね。

1.1.2 正しい因果関係を知る

これがもし

  • イケメンが好き「だから」ブサイクは相手にしない
  • 相手にまだ信用されていない。「だから」誘っても断られる
  • ブランド品が好き「だから」安っぽい物には興味がない

であれば、因果関係は成立します。

先ほどの例の場合、はっきり言って何の根拠もありません。ただの思い込みです。

実際、ブサメンでも美女を連れて歩いてる男はいくらでもいますよね。イケメンしか相手にされないなら、辻褄が合わなくなります。

【参考】ブサメンほど恋愛では有利?イケメンよりもモテる「秘密」を大公開

簡単に言えば

“たとえ芸能人レベルの美女であっても、アプローチの仕方次第で彼女にすることができる”

という事ですね。

1.2【美人を狙うメリット②】美人なら失敗した時のダメージが少ない

2つ目は「美人なら失敗した時のダメージが少ない」という点。多くの男性が勘違いしていますが、「ブスだから落としやすい」なんて事は一切ありません。

これも上述の因果関係と同じですね。ブサイクな女を見れば

「この程度の女なら俺でもイケるだろうな」

と多くの男性は思います。

で実際にアプローチをしかけると、

「余裕だと思ってたのに、全く相手にされなかった…」

となってしまう。

当然「男としてのプライド」もズタズタにされてしまうでしょう。

ではなぜ「俺でもイケる!」と思ってアプローチしたのに、相手にされずに終わってしまうのか?

それは

”「この女なら大丈夫だろう」という気持ちを相手に見抜かれているから”

これに尽きます。

1.2.1 見下していることが相手に伝わる

自分では気づきませんが、男は見下した相手と話すとき、必ず無表情になっています。

ドキドキ感もワクワク感もなく、表情も暗くなり、目の輝きすら失われています。そんな男に声をかけられても、女がなびくはずもありません。

それに見た目なイマイチな女ほど、男の理想が高かったりしますしね。

「どの口が言うとんじゃい!!!!」

って気にもなりますが、「ブスだから確実に落とせる」という訳ではないことを、この機会に学んでおきましょう。

1.2.2 フラれた時のショックが大きい

それに見下していた相手にフラれることほど、ショックなものはありません。

男としてのプライドも壊されるばかりか、「トラウマ」として心に残り続ける可能性もあります。

恋愛恐怖症にならない為にも、その辺は十分注意しておいてくださいね。

1.3【美人を狙うメリット③】美人相手なら本気でぶつかれる

最後のメリットは「美人相手なら本気でぶつかれる」という点。男は単純な生き物なので、美人を前にすると表情や目の輝きが一気に明るくなります。

「絶対にこの女を口説き落とす!!」

そんな気持ちが活力となり、本気で女性と向き合うようになります。要するに「ブスは手抜き、美人は本気」ってわけですね(苦笑)

実際、美人は意外と声をかけられないので、積極的にアプローチすれば落とすのは難しくありません。

ただ、それはあくまで「正しい方法でアプローチを仕掛けた場合」の話。落としやすいとはいえ、やみくもにアプローチしても成果は上がらないものです。

以下で詳しく説明しましょう。

2.高嶺の花を落とす具体的な方法とは?

2.1「異性を落とす為の会話」を身につける

美人であれブスであれ、女性を落とすには「会話力」が必須です。それもただの会話ではなく、「異性を落とす為の会話」が重要となってきます。

(もちろん「相手を褒めまくる」とか「優しい言葉をかける」などではありません)

その会話を使ってアプローチをかけていけば、どんなに高嶺の花でもあなたに依存し、次第に「彼女目線」で接してくるようになるでしょう。

ぶっちゃけた話、

“この会話を知っているか否かで、彼女が作れるかどうかが決まる”

といっても、決して過言ではありません。

僕もそれを使ったことで、彼女のいない日常から抜け出し、以降「女性に困ることのない日常」を手に入れることができました。「もし知らないままだったら…」と思うと、今でもゾッとします(苦笑)

その『会話』についてはコチラにまとめてあるので、彼女がほしい方はぜひ目を通してみてください。

モテる会話術の「正体」とあなたがモテない「真の原因」とは?

モテる会話術の「正体」とあなたがモテない「真の原因」とは?
「彼女が欲しいのにできない…」 そんな男性ほど「女性を落とす為の会話」ができていません。 いい人どまりや友達どまりで終わ...

2.2 美人にも必ず「欠点」がある

そしてもう一つ覚えておきたいのが、

“どんな美人にも必ず「欠点」はある”

ってこと。

完璧に見える女性でも、マイナスの部分は必ず存在します。

例を挙げると

  • 美人だけど「食べ方が汚い」
  • 美人だけど「服装がダサい」
  • 美人だけど「足が太い」

とかね。

そういう点を「記憶」すれば、美人だからと緊張したり、変にテンパることもなくなります。

美女は「偶像」ではありません。フィルターを外すだけで、「等身大の女性」として接することができます。

これは「美女を落とす必須マインド」なので、ぜひ試してみてくださいね。

2.3「Aランクの美女」と出会える方法がある?

男は欲張りなので、必ず

「もっとイイ女と出会いたい!」

と感じるようになります。

しかし、日常生活で「とびっきりの美女」と出会うのは簡単ではありません。合コンやナンパで探す手もありますが、時間や手間がかかるのがネックでもあります。

ただね、あるんですよ。簡単に「イイ女」と繋がれる方法というものが。

一般的な出会い方よりも効率的だし、僕もこれまで80人以上は出会ってきました。ぶっちゃけかなりの恩恵を受けてると思います(苦笑)

詳しくはコチラにまとめてあるので、興味ある方はぜひ覗いてみてください。

社会人男性必見!女性との出会いを『劇的』に増やせる秘策とは?

3.高嶺の花と付き合えた男の実例を紹介

ではここで、「高値の花と付き合えた男の実例」を紹介しましょう。

パッと見は地味でどちらかと言えば老けた感じ。無口で話も面白い訳でもなく、将来性もなさそうな30歳の男がいました。

合コンに行っても全く相手にされないタイプ。でもそんな彼が、合コンで一際目立っていた美女にアタックし始めたのです。

当然まわりもドン引きし、なんとも言えない空気が流れたのを覚えています。でもこういう浮気とは程遠い感じの男が、彼女にとっては物珍しく映ったそう。

当時お金持ちの彼氏に浮気され、傷心していた彼女は、なんとその男と付き合うことにしたのです。

しかも最終的には結婚にまで発展しました。僕のまわりでも彼は神として崇められています。

嘘みたいな話ですが、本当の話ですよ。

彼は僕の同僚で、女性との交際経験もありませんでした。今まで妥協した女にばかりアタックしてはフラれ、やや自暴自棄になっていた頃だったと思います。

恐らくですが、当時はやけくそ根性で彼女にアタックしたのでしょう。

普通に考えれば「無謀」とも言える行為ですが、彼はその行動によって、まわりから「英雄」として称えられる存在へと変貌できたのです。

これは決して他人事ではありません。正しい「行動」さえすれば、あなたも高嶺の花を彼女にできるのです。

容姿やステータスも一切関係ありません。

あなたがもし、妥協した人生ではなく、本当の幸せを掴みたいなら、ぜひ「挑戦すること」から始めてみてください。

【美人を落とす会話術はコチラ】

モテる会話術の「正体」とあなたがモテない「真の原因」とは?

「美人を落とす方法」まとめ

「美人を落とす方法」は参考になったでしょうか。

もし「高嶺の花」と思っていた女性を彼女にできたら…最高に幸せですよね。

多くの男性が物怖じして近づけない中、アタックしたら意外にあっけなく付き合えたという話はよく聞きます。

フラレたらまた次に行けばいいだけの話。美人は意外と落としやすいので、あなたもぜひ挑戦してみてくださいね。

あと余談ですが、彼女よりも『セフレ』を作る方が、リスクも少なく簡単です。成功すれば「セフレ→彼女」にするだけなので、ある意味最も確実な流れといえるかもしれません。

詳しくはコチラで解説してるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

オンナの理性を引き剥がし、着実にセフレ化させる『禁断のアプローチ術』はコチラ!

トップへ戻る