モテたい男性が知るべき「自己投資」の重要性と1つのマインド

「非モテな人生だけど、俺だって一度はモテてみたい」

僕も長年そんな思いを抱いていました。

まわりが女性と楽しんでいる中、自分は家で1人ゲーム漬けの毎日。そんな日々に「不安」を感じつつも、惰性のような生活から抜け出せずにいたのです。

「このまま死んだら…シャレにならないよな…」

そんな思いで一念発起した結果、僕は「ある行動」を決断。それが功を奏したのか、今では多くの女性と交際し、女性に不自由のない生活を送れています。

そして、そのために行ったのが「自分への投資」。お金を使い、自分を積極的に高めたことで、望む日々を得ることができたんですね。

ここでその概要を詳しくお話するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.女性ではなく「自分自身」に投資する

まず、はじめに言いたいのは

“投資は相手ではなく、自分自身に行うもの”

ということ。

「金を使ってるのにモテない…」

という人ほど、その本質を間違って捉えています。

例えばですが、

  • 女性に高価なブランド品などをプレゼントしたり
  • キャバクラに通いつめて何度も指名したり
  • 呼ばれる度にマイカーで送迎をしたり

などは、全て「女性自身」にお金を使っています。

分かりますよね?

普通に考えたら「ただの便利な男」ですが、これを「投資」と思ってやっている人が死ぬほど多いのです。

1.1 女性に使っても「リターン」を得られない

そういったことにお金を使っても、女性は振り向くどころか、あなたへの興味をなくしていきます。

当然ですよね。恋愛は対等な関係で行うもの。媚びた態度をとった時点で、相手から「格下」として扱われます。

それに女もバカじゃないので、そんな態度を見ると気づくんですよ。

「あっ、この人私に気があるんだ」

とね。

その瞬間にゲームオーバー。決まった関係はほぼ覆りません。

後でどんなにもがいても、

  • 金ヅル
  • 太客
  • アッシー君

このイメージからは抜け出せないのです。

1.2 自分を磨いて上の立場に立つ

だからこそ、女性の前では「上の立場」に立つことが重要になるんですね。

「自己投資」はその為に必要なもの。

自分を磨かずに上にいけるはずがありません。本気でモテたいのであれば、「自分を高める」というマインドをしっかりと覚えておきましょう。

2.モテる為に投資すべきこととは?

とはいえ、

「自分への投資って何をすれば…」

という方も多いと思います。

そのままでは不安だと思うので、ここからは「絶対にやるべき自己投資の3ヶ条」をお話していきましょう。

2.1【モテるための投資①】外見を徹底的に磨きあげる

まず、真っ先にお金を使うべきが「外見」です。ここが適当だと、まずモテません。

これは、逆の立場で考えればすぐ分かります。

例えば、デートの待ち合わせで相手が「すっぴんの髪ボサボサ状態」で来たら、誰だって「うわぁ…」ってなりますよね?

ほかにも

  • ムダ毛の処理をしていない
  • 衣服や持ち物がボロボロ
  • 鼻毛が出てる

とかだと、好きな気持ちも一瞬で冷めてしまうはず。

それを本能的に分かっているからこそ、ほとんどの女性は「見た目」という価値を徹底的に高めているのです。

2.1.1 男も外見で「価値」を与える

一方、男は何もせずとも許される側面があるため、徹底してる人は多くありません。

でも実際に付き合うとなれば、女性は男性にも最低限の身だしなみを求めます。それも「絶対に」です。

自分が努力しているのだから、付き合う人にも同じレベルを求める。これは当然のことですよね。

それに女性の美容代ってバカにならないんですよ。ホントに「頑張ってるんだなぁ」って驚かされます。

それに比べれば、男の外見代など取るにたりません。モテるためには必要経費なので、ケチらずに使っておきましょう。

もしケアの仕方が分からないのなら、コチラの記事を参考にしてみてください。

清潔感のある男とは?女性がチェックしている8つのポイント

2.1.2 顔の造形は一切関係ない

ちなみに外見を磨くうえで「顔の造形」は一切関係ありません。

「俺はブサメンだから…」

と自信を無くす人も多いですが、顔だけでモテるのは10代の間だけ。大人の女性は相手のルックスなどあまり気にしません。

むしろ、イケメンの方が恋愛で不利になることも珍しくないのです。

その辺りについてはコチラで解説してあるので、興味のある方はぜひ目を通してみてください。

ブサメンほど恋愛では有利?イケメンよりもモテる「秘密」を大公開

2.2【モテるための投資②】女性が喜ぶことにお金を使う

2つ目は、女性が喜ぶことにお金を使うこと。

当然のように感じるかと思いますが、世の男性は意外とできていません。先ほどのように、自己満足のプレゼントなど言語道断です。

重要なのは、前もってその子が喜ぶポイントを知っておくこと。

例をあげると、

  • 相手の好物を聞き出し、目ぼしい店で味を確かめる
  • 女性が欲しがっていた物を探り、誕生日などにプレゼントする
  • 彼女がヒールなら、電車ではなくマイカーやレンタカーを使う

などですね。

あくまで、相手が求めている物に金を使う。これを徹底すれば、いずれ「好意」という形で自分に返ってきます。

面倒かもしれませんが、ここは徹底して行っていきましょう。

2.3【モテるための投資③】恋愛スキルを高めるノウハウに触れる

最後にやっておきたいのが、「恋愛スキルを高めるノウハウ」に触れることです。

一般的にノウハウというと

  • ネット上の記事
  • 恋愛本などの紙媒体
  • テレビ番組の特集

などで入手するイメージですが、本気でモテたい人には少し情報が「ヌルい」部分があります。

実際、それを見てモテてる人っていないでしょ?(苦笑)実践しても効果が出ないことも多いと思います。

僕も昔はそれに振り回されたクチなんですが、あるノウハウを手にしたことで、たった2ヶ月で初めての彼女をGETすることができました。

ジャンルで言うと「恋愛教材」という物なのですが、最短でモテたい人にはとても役立つ代物です。

2.3.1『恋愛教材』でモテるための「地盤」を固める

恋愛教材は値段こそ高いものの、「ネット」や「書籍」よりも情報の質が高く、短期間で濃い恋愛スキルが身につきます。

言うなれば『モテる男のノウハウ』を1発で手にできるって訳ですね。

恋愛は一朝一夕で出来るものじゃありません。「0」から彼女を作るとなれば、やはり「それ相応の時間(日数)」を「投資」する必要があります。

でもそれは「何にも頼らず自分1人で行動した場合」の話。

もし恋愛教材を手にすれば、そうした時間を「何十」「何百」と短縮でき、今まで手が届かなかった「A級美女」も落とせるようになります。

言い換えるなら

“女にモテまくりたい人にはうってつけのノウハウ”

なんですね。

容姿やステータスも問わないので、どんな方でも存分に活用できます。

僕の記事も、それらの「片鱗」にすぎません。本当に価値あるものは、見えない場所に存在するものです。

ここでは管理人が手にした教材をいくつか紹介してるので、気になる方はぜひチェックしてみてください^^

管理人おすすめの『恋愛教材』はコチラ!

3.それでも「お金」を使うのに抵抗がある人へ

投資の重要性をお伝えしましたが、まだあなたの中にも

「恋愛にそこまでお金を使うのはなぁ…」

という認識があるかもしれません。

正直、その気持ちも分からなくはないんです。僕も以前は「服に金使うなら新作のゲーム買うわ!」というタチでしたからね(苦笑)

ホントに引きこもりオタクって感じだったんですよ(^^;

でも今となっては、外見に気を配ったり、教材でスキルを磨くなど、自分を高めることにお金を使う方が「有意義」に思えるようになりました。

おかげで可愛い彼女やセフレもGETできましたからね。以前よりも「充実」している実感はあります。

それに投資と言っても、何百万もかかる訳じゃありません。ぶっちゃけ10万もあれば、見違えるほど「イイ男」に変貌できます。

僕だって別に「お金持ち」じゃないですしね。毎月の公共料金すら危うい貧乏人です(苦笑)

要は「やるかやらないか」の問題なんですよ。何かを得たいなら、それ相応の代価は絶対に必要です。

成功するのに投資は避けて通れません。本気でモテたいと思うのなら、ここらで一発やってみてはいかがでしょうか。

『絶対にやるべき自己投資の3カ条』に戻る

最後にまとめ

モテない男性ほど、「投資」の重要性を理解していません。

僕自身、以前は「25年間彼女ナシ」という非モテすぎる人生を歩んでいました。

それは下のページでも語っている通りです。

非モテ歴25年の童貞コミュ障が「女性に不自由しない生活」を手にできた「理由」と「道のり」

ですが、今回紹介した3つの投資を実践したことで、モテない生活から「脱却」し、求めていた「日常」を得ることができました。

僕に出来てあなたに出来ないはずはありません。決して難しくはないので、本気でモテたい方は、ぜひトライしてみてください。

あと余談ですが、彼女よりも『セフレ』を作る方が、リスクも少なく簡単です。成功すれば「セフレ→彼女」にするだけなので、ある意味最も確実な流れといえるかもしれません。

詳しくはコチラで解説してるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください^^

【驚愕】彼女より「セフレ」を作る方が100倍簡単だった件【ヤリ方も暴露します】

【驚愕】彼女より「セフレ」を作る方が100倍簡単だった件【ヤリ方も暴露します】
「女ってこんな簡単にヤれるんだ…」 そう感じてやまないほど、僕は多くの女性とベッドを供にしてきました。 ワンナイトラブは...

トップへ戻る