告白が失敗でも諦めないで!挽回するための「秘策」教えます

想いを伝えようとしている女子高生

「意を決して告白したものの、彼女の答えは「ごめんなさい」だった…」

あなたにもそんな経験があるんじゃないでしょうか?

多くの男性はそこで諦めてしまいますが、フラれた後の行動によっては再びチャンスが巡ってくることもあります。そのチャンスを掴めるかどうかはあなた次第ですが、告白に失敗してもスグに諦める必要は一切ないのです。

ということで、今回は「告白が失敗でも諦めないで!挽回するための秘策を伝授」と題し、フラれた後に挽回する秘訣をご紹介したいと思います。

1.フラレた後に言ってはいけないセリフ

フラれて意気消沈するよりも、気持ちを切り替えて「敗者復活戦」にかけるのが賢いやり方です。

その為に、まずは「フラレた後に絶対に言ってはいけないセリフ」を紹介します。これを知っておかないと挽回するのも難しくなってしまいますからね。

2パターンあるので、ぜひ参考にしてみてください。

1.1 ウザッ!女々しい男パターン

耳をふさぐ女性

まずは恋愛経験の少ない人にありがちなセリフから。

それがコチラ

  • 「どうしてオレじゃダメなの?」
  • 「オレのどこがダメなの?」

こんな質問をされた相手は、当然「あなたではダメな理由」を考え始めるでしょう。

  • 「だって顔がタイプじゃないから…」
  • 「○○くんといても面白くなさそうだし…」
  • 「もっと頼りがいのある人が好きなんだよね…」

などなど、弱った心にとどめの一撃を食らわされるのは目に見えています。

それにこうしたネガティブな質問をする時点で、自分の株を下げているのと同じです。相手に「あなたではダメな理由」を再認識させているわけですからね。

もしそこで「どうしてオレじゃダメなんだよ!ねぇどうして!?」と食い下がろうものなら、間違いなく「ウザい」「女々しい」「重い」と思われてジ・エンドです。

1.2 痛すぎ!勘違い野郎パターン

くだらないことを考える男性

あともう1つ、プライドの高い男にありがちなセリフを紹介しましょう。

それがコチラ

  • 「とかいってホントはオレのこと好きなんだろ?」
  • 「オレと付き合えば絶対幸せになれるって!信じろよ」

本来フラレてる時点で勝負はついているはずなのですが、プライドの高い男ほど現実を受け入れようとしません。

「オレがフラレるなんてありえない!」

「オレならどんな女でも幸せにできる!」

そんな「オレ様」では今後もモテるはずもないので、まずは考え方から改善していく必要があるでしょう。

2.フラレた現実を受け入れることが大切

応援してくれる可愛い女の子

上の例を見ても分かるように、まずは「君の気持ちはそうなんだね」とフラれた現実を受け入れることが大切です。

その後に「友達として今後も接してくれないかな?」とか、「もう一回チャンスをくれないか?」と関係を継続したい気持ちを示していくのがベストです。

2.1 ダメなら他の女性を探そう

それもダメと言われたら、諦めて次の相手を探しましょう。一人の女性に執着するのは女々しいし、ただのストーカーですからね。

もし身近に気になる異性が見当たらないのであれば、コチラで紹介している方法を使ってみてください。「忙しい人でも簡単に「女性との出会い」を作ることができますよ。

社会人男性必見!女性との出会いを『劇的』に増やせる秘策とは?

【証拠アリ】暇なし・金なし・女っ気なしの社会人でも『美女80人』と出会えた方法
「仕事ばかりで全く出会いがない…」 社会人ともなれば、自然とこんな悩みが出てきますよね。 僕もそうでした。 オッサ...

しかしOKが出たのであれば、まだ挽回のチャンスは十分にあります。

時期を見計らい、再びアプローチを仕掛けましょう。2回目とあれば、相手も前よりあなたを意識するようになっているはずです。

2.2 フラれてもすぐに諦める必要はない

実際、好意を示してきた相手のことは自然と意識してしまうもの。フラれたからといってすぐ諦めるのは非常にもったいないことです。

最後まで諦めずに、自分の望む方向へ持っていくこともテクニックのうちの1つですよ。

そして次また気持ちを伝えるなら、「告白の成功率を格段に上げるテクニック」を使ってみましょう。コチラでやり方を学べるので、ぜひ確認してみてください。

86.7%の確率で片想いの女性をGETできる「非常識な告白術」はコチラ!

最後にまとめ

さて、いかがだったでしょうか。

僕もフラレた経験はありますが、諦めずにアプローチし続けたおかげで交際までこぎつけたことは何度もあります。

多くの男性はフラレた瞬間に諦めるもの。そこで諦めずにアプローチを続ければ、「この人そんなに私のことを想ってくれてるんだ…」という気持ちが伝わる事も珍しくはありません。

どうしても逃したくない女性がいるのなら、最後の最後まで諦めてはいけませんよ。

あと余談ですが、彼女よりも『セフレ』を作る方が、リスクも少なく簡単です。成功すれば「セフレ→彼女」にするだけなので、ある意味最も確実な流れといえるかもしれません。

詳しくはコチラで解説してるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください^^

【驚愕】彼女より「セフレ」を作る方が100倍簡単だった件【ヤリ方も暴露します】

【驚愕】彼女より「セフレ」を作る方が100倍簡単だった件【ヤリ方も暴露します】
「女ってこんな簡単にヤれるんだ…」 そう感じてやまないほど、僕は多くの女性とベッドを供にしてきました。 ワンナイトラブは...

トップへ戻る