超意外!?2回目のデートを断られる「たった1つ」の理由とは?

「2回目のデートを断られた…」

あなたにそんな経験がある場合、彼女の中であなたの評価が著しく下がってしまったと考えるべきです。

一生懸命エスコートしたつもりでも、彼女を「本当の意味」で満足させない限り、2回目のデートに繋げることはできません。

同じような過ちを繰り返さない為にも、ここでは「2回目のデートを断られる”たった1つ”の理由」をご紹介したいと思います。

【関連記事】

恋愛対象に見られない男にありがちな食事デートの失敗例

デート代は奢るべき?それとも割り勘?気になる「答え」を発表します

1.2回目のデートを断られる男性の共通点とは?

僕の経験ですが、2回目のデートに応じてもらえない男性ほど

「最初のデートでは楽しそうに笑ってくれてたのに…」

と口にします。

確かにデート中に彼女が笑顔でいれば、「あっ、上手くいってるな」と思い込んでしまいますよね。きっと「手ごたえ」のようなものを感じるはずです。

なのに次のデートは断られてしまう。その最たる原因は、十中八九あなたの「勘違い」にあります。

1.1 誘いを断られるのは「楽しくなかった」のサイン

彼女が本当に楽しんでいたのなら、次のデートも間違いなく来てくれます。たとえ都合が悪くても、「○○日なら大丈夫!」と代替案を出してくれるでしょう。

つまり、2回目の誘いを断られたり、はぐらかされる時点で

“あなたとのデートが楽しくなかった”

というサインだと捉えるべきなのです。

1.2 女性は楽しくなくても笑顔でいてくれる

「ならあの笑顔は何だったんだ…」

っていうと、あなたに悪く思われたくないから。要は気を使って楽しそうに振る舞っていただけです。

職場の同僚など、プライベート以外でも交流がある場合はなおさらですね。後で気まずくならないよう、必死に楽しい「フリ」をしていた。

女性は相手に気を遣う生き物なので、その辺りはしっかりと見抜く必要があるのです。

【参考】勘違い!?女性に相手にされない男性の6パターン

2.2回目のデートを断られる「本当の理由」とは?

女性は恋愛対象外の男性とデートすることはありません。1回目のデートにこぎつけた時点で、あなたは「彼氏候補の中の一人」に選ばれていたことになります。

なのに2回目に繋がらなかったということは、デート中に決定的なミスを犯したと考えるべきです。

たとえば、

  • 「デートスポットが地味だった」
  • 「ファッションがダサすぎた」
  • 「ご飯の食べ方が汚かった」
  • 「一円単位で割り勘をした」

など、細かい部分を挙げたらキリがありません。

もちろん、上記の理由だけで恋愛対象から外されることもあります。世の中には些細なことで機嫌が悪くなるメンドクセェ女子もいますからね。

ただ僕の経験でいうと、女性に嫌われる最大の要因は「会話」です。

“彼女とのコミュニケーション”

ここに問題があると言ってまず間違いありません。

2.1 1回目で「つまらない男」と思われたことが原因

デート中は常に彼女と二人きり。となれば、彼女が話すのは必然的に「あなただけ」になります。

そこでほとんど話さずに沈黙が続いたり、くだらない自慢話などしようものなら、確実に「つまらない男」と思われてしまいますよね。

彼女もせっかく楽しむ気でいたのに、あなたへの印象はジェットコースターのごとく急降下していくハズです。

2.2 「あなた自身」に満足させないと意味がない

実際、モテない男性ほど

“彼女をどこに連れて行くか”

に気を取られていますが、それよりも「相手との会話」の方が100倍重要です。

たとえ彼女の行きたかった場所に連れて行ったとしても、相手の記憶には

「あの日は○○に行けて楽しかったなぁ」

くらいしか残りません。

これだと隣が他の人でも問題ありませんよね?単に行きたい場所に行って楽しんだだけ。そこに「あなた」という存在は見当たりません。

もし、本気で彼女と2回目に繋げたいのなら

「あの日は○○さんと○○の話ができて楽しかったなぁ」

と思わせ、「あなた」という人間に満足させることが重要なのです。

なお、デートの中盤や終盤で必ず言っておくべきセリフがあります。それを言うか言わないかで結果も大きく変わってくるので、気になる方はコチラをチェックしてみてください。

超簡単!女性を喜ばせる「魔法」の褒め言葉

3.2回目のデートに繋げるには「会話力」が必要不可欠

お分かりの通り、デートを成功させるには「彼女を楽しませる会話力」が欠かせません。
その為に必要な2つの要素について、それぞれ解説していきます。

3.1 女性の話をしっかりと「聴く」

まず1つ目は「女性の話を体全体でしっかり聴く」ことです。

モテない男性ほど「会話の中身」に重点を置きがちですが、それよりも「相手にどれだけ不快感を与えずに話せるか」の方が重要です。

というのも、女性は「面白い話をしてくれる男性」よりも、「自分の話を楽しく聞いてくれる男性」を好むからです。

面白い話ができるに越したことはないですが、それよりも「話の上手な聞き方」を学ぶ方が効果的。

  • 相手と目を合わせて話す
  • 会話中は笑顔を絶やさない
  • 話の最中に余計なことは考えない
  • 女性の話すを否定しない
  • 相手の考え方を受け入れる

など、女性を不快にさせないポイントを予め理解しておくことが大切です。

詳細については「女性と話すコツとは?モテる男に学ぶ「会話」のルール10選」という記事で解説してあるので、ぜひご覧になってみてください。

3.2 相手からの好感度に沿って適切な会話を行う

2つ目は「相手からの好感度に沿って適切な会話を行う」ことです。

簡単に言えば、女性との関係性によって会話の中身を変化させ、相手に「異性」であることを強く意識させることですね。

たとえば女性に告白したとき、

「○○くんは友達だから…付き合うとかは考えられないの…」

と言われてしまうのは、彼女に「異性」として見られていないから。俗にいう「いい人どまり」な男性というも、これに当てはまります。

相手の話を聴くだけでは交際まで発展できません。この「異性を意識させる会話」も合わせることで、彼女からの好感度を飛躍的に向上させ、『依存レベル』で惚れさせることができるのです。

僕もそれを使ったことで、彼女のいない日常から抜け出し、以降「女性に困ることのない日常」を手に入れることができました。

「もし知らないままだったら…」と思うと、今でもゾッとします(苦笑)

その『会話』についてはコチラにまとめてあるので、彼女がほしい方はぜひ目を通してみてください。

モテる会話術の「正体」とあなたがモテない「真の原因」とは?

4.2回目のデートを断られたらすぐに違う相手を探す

ここで重要なのは、

“デートを断られた後はすぐに気持ちを切り替え、違う女性を探しに行く”

ということです。

他の記事でも書いていることですが、1人の女性に固執し続けるのはスマートではありません。せっかく2回目に繋げる方法を学んだのだから、前の女性は諦め、新しい人にアタックする方がはるかに効率的です。

他のサイトでは対処法なども紹介されていますが、そんなことに労力を使うのはあまりオススメできません。同じ人を狙うよりも、1から探す方が100倍楽にアプローチできるからです。

そしてもし「新しい出会い」を探すなら、ぜひコチラの方法を使ってみてください。忙しい方でも無理なく使えるし、可愛い子とも簡単に出会うことができますよ^^

社会人男性必見!女性との出会いを『劇的』に増やせる秘策とは?

最後にまとめ

「2回目のデートを断られる理由」は参考になりましたでしょうか。

デートを成功させるカギとなるのが「会話」です。容姿やステータスにコンプレックスを抱えていても、会話はすぐに変えることができます。

あなたが1回目のデートを成功させ、2回目のデートへと繋げたいのなら、ぜひ上記の方法で「会話力」を身につけてみてください。そうすれば、きっと交際まで無事にたどり着くことができますよ。

あと余談ですが、彼女よりも『セフレ』を作る方が、リスクも少なく簡単です。成功すれば「セフレ→彼女」にするだけなので、ある意味最も確実な流れといえるかもしれません。

詳しくはコチラで解説してるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください^^

オンナの理性を引き剥がし、着実にセフレ化させる『禁断のアプローチ術』はコチラ!

【狙った女性を落としたい男性にオススメの記事】

好きな女性に男として意識させる「超簡単」な方法

恋愛対象に見られない男にありがちな食事デートの失敗例

恋愛対象外?!「いい人止まり」で終わる男性の3つの特徴

社会人男性必見!女性との出会いを『劇的』に増やせる秘策とは?

彼女が欲しいあなたに“絶対必要”な「恋愛会話」の身につけ方

超簡単!女性を喜ばせる「魔法」の褒め言葉

勘違い!?女性に相手にされない男性の6パターン

トップへ戻る