告白成功?女性に好意を伝える時に効果的なセリフ

愛の告白

好きな女性ができたら、いずれ気持ちを伝える時がきますよね。

「君のことが好きだ!」

と、ストレートに伝えるもいいのですが、もうひと工夫加えることによって、より女性の心に響かせることができます。

そこで今回は、「女性に好意を伝える時に効果的なセリフ」を紹介していきたいと思います。ぜひ今後の参考にしてみてください。

1.女性には感情を押し出して好意を伝える

男というのは、気持ちを伝えるのがどうにも下手くそです。「別に言わなくてもわかるだろ?」というのは完全に男のエゴですよね。

女性には、ちゃんと言葉にして気持ちを伝えてあげる必要があるのです。

その際、自分の感情を全面に押し出して伝えると、女性の心により強く訴えることができます。

例を挙げてみましょう。

  • 「○○と一緒にいると、とにかく楽しいんだ。いつも○○の事ばかり考えてる」
  • 「自分でもどうしてなのかわからないんだけど、○○の事が大好きなんだ」
  • 「なんだろう、○○とこれからもずっと一緒にいたい。大切にしていきたいんだ」

ドラマのワンシーンのようで恥ずかしく感じるかもしれませんね。

でもこのように、理屈ではなく感情を押し出して気持ちを伝えるほうが断然効果的なのです。

1.1 女性は感情に重きを置いている

その理由は、女性同士の会話が「感情」に重きを置くスタイルだからです。女性同士で会話していたらこっそり聞き耳を立ててみてください。

きっと「あれさぁ、すっごいよかったよねぇ!」とか「ほんとさぁ、私感動しちゃって今思い出しただけでも泣きそうになるもん」と、その時の感情をストレートに現した言葉で会話しているはずです。

1.2 その時の感情のまま気持ちを伝えることが重要

つまり

「なんでなのかはわからないけど、とにかく君のことが好きなんだ」

といった感じで、その時の感情をそのまま伝える方がより強く女性の心に訴えかけることができるのです。

2.好きになった理由がわからなくても大丈夫

たそがれる男性

実際、「相手のどこが好き?」と尋ねても「よくわからないけど好き」と答えるカップルは少なくありません。

そのことからも、告白で好きになった理由をわざわざ説明する必要はないのです。

「とにかく君のことが好きなんだ!」

という気持ちが相手に伝われば、それでOK。信じられないかもしれませんが、こういう不器用で真っすぐな男性ほど、女性は惹かれるものなのです。

逆にNGなのは

「僕が君のことを好きになった理由は、一つ目が~で、二つ目に~、そして最後が~…」

と、理屈っぽくクドクドと理由を並び立てるパターン。コレって男から見ても嫌な感じがしませんか?

聞いてる間に女性の気持ちが冷める可能性もあるので、注意しておきましょう。

3.【注意】女性からの好感度が高まっていることが前提

上記の言葉で告白すれば、かなりの確率でOKしてもらえるでしょう。幸せなカップルの誕生ですね。

ただ一つ注意してほしいのが、「相手からの好感度が低い場合、十分な効果が得られない」ということ。

彼女があなたを「ただの友達」としか認識していない場合、成功するかは神頼み。要するにギャンブルになってしまう可能性が高いんですね。

好きな女性と交際したいのなら、好感度を「一定レベル」まで引き上げることが“絶対条件”となります。それができないと、一生「友達どまり」で終わる可能性もあるので、知らないでは済まされません。

その詳細はコチラにまとめてあるので、彼女がほしい方はぜひ目を通してみてください。

【重要】片思いの女性を振り向かせる「たった1つの方法」とは?

最後にまとめ

告白する時ほど緊張する場面はありません。

固くなってついつい理屈っぽい言い方になりがちですが、そんな時ほど今の感情をストレートに伝えてあげましょう。その方が相手の心に響いて効果的です。

なお「告白」についてさらに深く知りたいという方は、コチラもチェックしてみてくださいね^^

86.7%の確率で片想いの女性をGETできる「非常識な告白術」はコチラ!

トップへ戻る