褒め上手はモテる!女心をくすぐる「言い換え」のコツ

記事を拡散してもらえたら嬉しいです♪

照れる女性

僕は女性と話す際、「小次郎さんって変わってるよねぇ」と言われることがあります。

正直、僕はそのセリフが大嫌いでしてね。せっかく相手を楽しませようと頑張っているのに、「変わり者」という烙印を押されたのですから、いい気分ではありません。

これは僕たち男性側にもいえることで、何気なく放った一言が相手を不快にさせてしまうこともあります。反対に、言い方ひとつで相手の心をグッと掴むことも可能です。

という事で、今回は「女心をくすぐる言い換えのコツ」を皆さんに学んでいただこうと思います。

1.言い方ひとつで「褒め言葉」になる

男性の多くは褒めるのが下手くそです。おまけに不用意な発言で相手を傷つけていることも珍しくありません。

ただ、それも言い方次第では「褒め言葉」に変えることができます。

僕が言われた「変わり者」というセリフも

「面白いんだね」

「個性的だよね」

「他の人とは違う発想だよね」

という言い方なら、決して悪い気はしませんよね。むしろ少し誇らしくもあります。

このように言い方を変えるだけで、相手を褒めることが可能になります。

これだけじゃ例として少し物足りないので、他にもいくつか紹介しておきましょう。

× 「おしゃべりだよね」
「話が面白いから聞いてて飽きないよ」

× 「すぐムキになるよね」
「感情表現が豊かなんだね」

× 「ドンくさいなぁ」
「おっとりしてて可愛いね」

× 「自己主張が激しいよね」
「自分の意見をちゃんと言えるんだね」

× 「何考えてんのかわからないよ」
「ミステリアスな雰囲気だよね」

× 「なんか冷たくない?」
「クールでカッコいいね」

× 「男に頼らなくても生きていけそうだよね」
「自分をしっかり持ってるよね」

× 「男とハデに遊んでそうだよな」
「恋愛経験豊富な感じがするよ」

これらはあくまでも一例です。

他にも言い換えられる場面はいくらでもありますが、少なくもこれくらいはマスターしておきましょう。

2.話す前に5秒考える

考えこサラリーマン

なぜ相手の気分を害する言い方をしてしまうのかというと、「考えたことをそのまま口に出しているから」です。

女の人なんて皆そんな感じだから、イラッとさせられることも多いですよね。

2.1 相手の話を聞く間に考える

反面教師ではないですが、そうならないためにも「話す前に5秒考える」習慣をつけましょう。

5秒というと長く感じるかもしれませんが、相手の話を聞いている間ならできるはずです。女子は話が長いですからね。

「○○さんって・・・だよね」という前に、5秒間で最も相手に刺さるセリフを考えるのです。慣れてくれば直ぐに頭に浮かぶようになりますよ。頭のトレーニングみたいなものですね。

2.2 モテる男は頭の回転が速い

実際、コミュニケーションが上手な人は総じて頭の回転が早いです。次どう返せばいいのか、どのセリフが相手に刺さるのかを会話の中で組み立てているのです。

話す前に一旦考える。好きな相手と話すならなおさらです。何気なく放った一言で印象が急激に下がることは珍しいことじゃありません。

墓穴を掘らないためにも、日頃から発言には十分気をつけてくださいね。

なお言い換えが難しいという人には、コチラの記事がオススメです。

超簡単!女性を喜ばせる「魔法」の褒め言葉

3.【上級者向け】けなして褒めるテクニック

喜ぶ可愛い女の子

ではここで、僕がたまに使っている上級者向けテクニックをご紹介します。

上級者向けにしたのは、女性と話すことに慣れていない男性がやっても、印象を下げるだけだと思ったからです。

でもこれをマスターできれば、相手の心をグッと掴めるのは間違いありません。自信を持ってお伝えできます。

3.1 実例を紹介

そのテクニックとは、「けなして褒める」ことです。

この記事では「けなし言葉」を「褒め言葉」に変える方法を紹介してきましたが、今回は「けなす+褒める」のあわせ技です。

例を挙げて解説しましょう。

「○○さんってさ、男に嫌われそうだよね」

「えっ、どうして…?」

「だって優しそうじゃん。男ってすぐ勘違いして惚れちゃうだろ?で、その後告白してフラレたら“弄ばれた!”とかいって逆恨みされそうだからさ」

もう1つ紹介すると

「○○さんって周りから口うるさい女だと思われてるんじゃない?」

「えっ、なんで?」

「だってさ、誰に対しても自分の意見をズバズバ言う感じじゃん。それって自分の考えをしっかり持ってなきゃできないことだよね」

こんな感じ。

3.2 一度落とすのがポイント

このテクニックのメリットは、一度落とした分、その後の褒め言葉が真実味を帯びて何倍も響くところにあります。

これをアドリブでできるようになるにはそれなりの経験が必要になってきますが、使いこなせれば素晴らしい武器となるでしょう。

機会があれは、ぜひ一度試してみてください。

4.褒め言葉を信じてくれない女性もいる

ただし、中には褒め言葉を信じようとしない女性もいます。要は「社交辞令」として受け取られてしまう場合ですね。

そうなると異性として見られない可能性もあるので、何としても避けなくてはいけません。

その対処法に関してはコチラの記事にまとめてありますので、目を通すことをオススメします。

好きな女性に男として意識させる「超簡単」な方法

5. 確実に交際へと発展させるためには

ここまでの流れを実行すれば、相手の心をグッと掴むことができるでしょう。とはいえ、あなたの事を好きになってくれた訳ではありません。

要するにこの段階では、2人の好感度に「温度差」があるんですね。その温度差を縮めないままでは、いつまで経っても交際へと発展させることはできません。

3.1 彼女にとっての彼氏候補になる

ではどこまで温度差を縮めればいいのかというと、彼女の中であなたが「彼氏候補」になるまでです。

多くの男性は気づいていませんが、「友達→彼氏」になれるのではありません。「友達→彼氏候補→彼氏」が正しいステップです。

その彼氏候補まで好感度を上げれば、相手もあなたのことで頭がいっぱいになり、次第に「彼女目線」で接してくるようになります。

そうすれば落としたも同然。あとは儀礼的に気持ちを伝え、彼女との交際をスタートさせるだけです。

3.2 彼氏候補になるためには?

その「彼氏候補」になるには、「相手の好感度に合わせたコミュニケーション」を行うことが重要となります。

相手からの好感度を見抜き、それに適した会話を展開することで、自然と「彼氏候補」へ昇格することができます。

その具体的なやり方ですが、僕はこれで身に付けることができました。

決まったフレーズだけで好きな女性を惚れさせる「15の会話テンプレート」はコチラ!

コミュニケーション術だけでなく

  • お笑い芸人のように女性を笑わせる会話術
  • 女性を誘いやすく、楽しませやすいデートコース
  • 「告白→キス→SEX」を確実に成功させる流れ

などもギッシリと詰まっています。

正直これを知っていなければ、僕は今でも「彼女いない歴=年齢」のままだったかもしれません(笑)

この記事では語りきれませんが、絶対に手に入れたい女性がいるのなら、きっとあなたの役に立つでしょう。ぜひ試してみてくださいね。

最後にまとめ

大人なら相手に言われて傷つくことがあってもいちいち口にしないものです。

だからこそ気づかないことも多いので、交際後や結婚後においても発言には細心の注意を払っておいたほうがいいでしょう。後で取り返しのつかないことになっても手遅れですからね。

なお、コチラの記事に「好きな女性を確実に手に入れる告白術」を紹介しているので、併せてチェックしてみてください。

86.7%の確率で片想いの女性をGETできる「非常識な告白術」はコチラ! オススメ!

【関連記事】

女性をドキドキさせる言葉とは?惚れさせる方法を紹介します

女性を楽しい気分にさせる3つの会話術

女友達を落とす簡単な方法とは?彼女にするための3つのステップ

女性と話すコツとは?モテる男に学ぶ「会話」のルール10選

なぜ?女性との会話が続かない3つの理由と改善策

トップへ戻る