恋愛対象に見られない男にありがちな食事デートの失敗例

財布がスッカスカのサラリーマン

意中の女性と食事に行くとなれば、いい格好したいと思うのが男というもの。

「好きなもの頼みなよ」と言ってメニューを渡してしまえば、食事中も気になるのはサイフの中身ばかり。

せっかくのチャンスなのに、ひきつりそうな笑顔を浮かべながらその場を過ごすことになるでしょう。そういう勘違い男性に僕が言いたいのは、「お金を使っても女性の心は掴めない」ということです。

そんな勘違いに気づいてもらう為にも、今回は「恋愛対象に見られない男にありがちな食事デートの失敗例」についてお話させていただこうかと思います。

1.お金で女性の心は掴めない

僕の経験からみても間違いないのですが、高級な料理をご馳走したからといってモテるかと言えば、まずモテません。

確かに高級料理をご馳走してあげれば、女の子も喜んではくれるでしょう。でもそれだけです。

昔「メッシー君」なんて言葉がありましたけど、あれと何ひとつ変わらないんですよ。

「高いものを食べさせてくれるいい人」

くらいの印象しか残らないはずです。

1.1 会話にも身が入らなくなる

そこで女の子を心から楽しませてあげられるだけの話ができればいいのですが、大抵の男性はサイフの中身が気になり、それどころではなくなってしまうでしょう。

その後女性から送られてくるのも、「今日はありがとうございました。美味しかったです」という業務連絡みたいなメールが多いです。

たとえ「またご一緒したいです」というメールが来たとしても、「また奢るのかぁ…」と頭が痛くなるだけですしね。

1.2 被害者意識が生まれる

見栄を張って高い料理をご馳走したのは、言うまでもなくあなた自身の意思で行ったもの。

なのに最終的には「女におごらされただけかよ!!」と、被害者みたいな心情に陥ることになるやもしれません。

1.3 女性の行動もチェックしておく

ただ、中には常識を疑いたくなる女性がいるのも事実です。

2人きりでの食事の時にチェックすべき女性の行動3つ【デート編】」という記事に女性のチェックポイントをまとめてあるので、そちらもご覧になってみてください。

2.無駄な投資はしない

高く積み重なったコイン

結局のところ、お金を使わなくても女性の心を掴むことは十分可能です。

見栄を張って、高級なお店でウン十万もするワインを奢ってあげる必要などないのです。リーズナブルで高級な雰囲気のお店など、探せばいくらでもあります。

お店の選び方に関しては、コチラの記事を参考にしてみてください。

女性と食事に行くときに喜ばれるお店の選び方【デート編】

2.1 自分で選ぶことが重要

ワインもわざわざ相手に選ばせる必要はありません。こちらで注文したものを飲ませてあげれば大丈夫です。

正直ワインの知識がある女性なんてほとんどいませんからね。値段が安くても案外なんとでもなるものです。

お分かりいただけたかと思いますが、デートや食事にお金をかけなくても女性の心を掴むことは十分可能です。

2.2 自分自身の魅力を伝える事が大切

それよりも大切なのは、「お金以外のあなたの魅力を伝えること」

見栄を張りつづける必要などないんですよ。

3.『女性を必ず満足させるデート術』がある?

実は、どんな男性でも『女性を満足させるデート』を行える方法があります。

多くの男性が「勘違いデート」で女性をウンザリさせている中、それを身につけるだけで、女性と100%近い確率で交際まで結びつけることができます。

僕もこれのおかげで「デートのイロハ」を知ることができました。

それがコチラです。

たった3回のデートで理想の彼女をGETできる『極上のデートテクニック』はコチラ!

かなり役立つ内容なので、興味ある方はぜひチェックしてみてくださいね。

最後にまとめ

女性に食事を奢るのはいいことだと思いますが、あくまでも「常識的な範囲内」でかまいません。

一度高級なお店に連れて行ってしまうと、「この人はお金に余裕のある人なんだ」と思われてしまいます。

女性に見てほしいのは「お金」ではなく、あなたという「人間性」のはず。そこを履き違えないようにしてくださいね。

あと余談ですが、女性を落とすには「一定レベルの好感度を獲得すること」が“絶対条件”です。それができないと、一生「友達どまり」で終わる可能性もあるので、知らないでは済まされません。

詳しくはコチラで解説しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

【重要】片思いの女性を振り向かせる「たった1つの方法」とは?

トップへ戻る