女性の好意の見分け方とは?男が知らない「好意の5段階」を解説

記事を拡散してもらえたら嬉しいです♪

「好きな女性にどう思われているか気になる…」

ある意味、恋愛で最も多い悩みかもしれません。

僕もそうでした。好きな人の気持ちを知りたいけど、どうすればいいのか分からず、結局空回りしてしまう。

でもある時、女性には「5段階の好意レベル」があることを知り、一気に相手へのアプローチが楽になりました。

そこで今回は、ほとんどの男性が知らない「女性の好意の見分け方」を、5段階に分けて解説していきます。好意レベルを上昇させる方法もあわせて紹介しますね。

1.女性からの好意レベルとは?

「好意レベルって何ぞや??」

と思われたかもしれませんが、ざっくり説明すると「女性が相手に感じている好感度」を段階別に分けたものです。

女性は突然異性を好きになることはなく、基本的に「嫌いな人→知り合い→男友達→彼氏候補→彼氏」の順に相手への好感度が上がっていきます。

この5段階が「好意レベル」という訳ですね。

「好意レベル」に沿ったアプローチをすれば、それだけ女性との関係も深まり、交際に発展する確率も高まっていきます。

反対に自分勝手なアプローチをしてしまうと、高い確率で「この人ウザッ!」と思われるので、注意しないといけません。

ではここから、その「好意レベルの見分け方」と、それぞれの特徴について解説していきましょう。

1.1【好意レベル1】嫌いな人

「好意レベル」の中では最下層にあたるライン。

主な特徴をあげると

  • 挨拶を無視される
  • 近づいても露骨に避けられる
  • 話しても事務的にしか返されない
  • メールも基本無視。もしくは既読スルー

といった感じ。

出会ってすぐにこの状態になることは稀で

  • 相手とケンカをした
  • 清潔感や無神経な発言などで生理的に嫌われた
  • 過去にしつこくアプローチしてウザがられた

などの理由で嫌われるケースが大半といえます。

相手に嫌われない為には、やはり上記と真逆の行動をとっていくほかにありません。

  • ケンカしてもその場で話し合い、後に残さない
  • 日頃から清潔感のある服装、身だしなみで生活する
  • あまりにガツガツとしたアプローチをしない

という風にね。

ただもし、このレベルに当てはまった場合、とりあえず以下の方法で対処するようにしてください。

  1. 嫌われた部分を改善したうえで、悪かった点を相手に謝罪する
  2. 2週間ほど相手と接触しない期間を作る
  3. その後、好意レベル2のつもりで相手と接する

まずはダメな部分をきちんと改善、謝罪し、相手に関わらない期間を作りましょう。

一度嫌われると、基本何やっても逆効果になるので、一旦相手の感情を落ち着かせるのがポイントです。

1.2【好意レベル2】知り合い

友達というほどでもないものの、嫌われている訳でもない、当たり障りのない状態のこと。

相手との接し方でいうと

  • 名前や職業などは知っているが、仕事などの業務的な会話しかしていない
  • 普段は挨拶程度で、軽く雑談するほどの間柄でもない
  • メールも必要最低限のことのみ。基本相手から来ることはない

といった関係が多いですね。

決して仲のいい関係ではないですが、ある程度踏み込んだ会話をすることで、関係を深めていくことが可能です。

  • 休日をどう過ごしているのか
  • 趣味や特技は何なのか
  • 普段はどういった人間なのか
  • 過去にどんな恋愛をしてきたのか

こうした話題で盛り上がることがあれば、知り合い以上の関係へと発展させられるでしょう。

1.3【好意レベル3】男友達

女性から男友達として認識されている状態です。

異性としてではないものの、「男友達」としては「好き」と思われている状態ですね。

例をあげるなら

  • 業務的な会話だけでなく、プライベートな話題も普通に話せる
  • 大した用がなくても、気楽にメールを送りあえる
  • 理由があれば遊びに行ったり食事にいける

こうした関係であれば、彼女の中では「男友達」である確率が高いでしょう。

出会って仲良くなれば、このレベルになる場合が多く

  • 会話中に冗談っぽい感じで好意を伝える
  • 相手の理想のタイプが自分であるように感じさせる
  • 恋愛トークの中で相手の感情を揺らすような発言をする

といった「恋愛を感じさせるアクション」を起こすことで、「友達以上」の関係性へ持ち込むことが可能です。

1.4【好意レベル4】彼氏候補

この状態になると、女性は「友達としてじゃなく、異性として好きなのかも」と考えるようになっています。

男性との接し方も明らかに変わり

  • からかう・いじる・冗談っぽく好意を伝える等、「とくに親しい間柄でないと出来ない会話」が普通にできる
  • プライベートから恋愛トークまで、話せない話題がない状態
  • 特に理由なくても2人きりで遊びに行ってくれる

など、深い関係性でないとできない事でも、日常的に行える状態です。

男性の多くは「友達→彼氏」になろうとしますが、この「彼氏候補」という段階を踏まないかぎり、交際に結びつけることはまず不可能。

よって、好意レベルの中でも最も重要な段階であるといえます。

管理人の経験でも、この好意レベルまで達することができれば、9割がた交際まで持ち込むことができますね。

もちろん、何もせずに付き合える訳ではなく

  • 相手に告白し、はっきりと好意を伝える
  • 彼女の肩を抱く
  • ふいにキスを迫る

などの行為によって、完全に「好き」と思わせることができます。

告白を成功させる為には、最低でもこのラインまで好意レベルを上げる必要があるでしょう。

1.5【好意レベル5】彼氏

女性の方が完全に惚れてしまっている状態ですね。

俗にいう「セフレ」や「不倫相手」を作る場合も、この段階まで好意レベルを引き上げる必要があるでしょう。

女性の接し方も完全に「彼女目線」です。

  • 「手つなぎ・ハグ・キス・SEX」などを全て受け入れてくれる状態
  • 相手の方から一方的にメールが送られてくる
  • デートや食事の誘いもすべて相手発信

という、男性にとって最高の関係性なのが「好意レベル5」の状態です。

ここまで到達すれば、余程のヘマをしない限り、長期的にこの関係をキープできるでしょう。恋愛をするうえで、目標にすべきポジションといえます。

2.好意レベルを簡単に上昇させる方法

「好意レベルの見分け方」についてはご理解いただけたかと思います。

ただもしかすると、上記の例では判断できな場合も出てくるかもしれません。女性にも様々な人がいますし、恋愛は予想外の事態がつきものですからね。

それにもし、相手からの好意レベルが「嫌いな人」だとわかった場合、「俺はもうダメだ…」と肩を落としてしまうかもしれません。

でも安心してください。

僕も実践した「ある方法」を使えば、相手からの好意レベルを正確に判断し、自分がどのレベルにいても、簡単に「レベル5の彼氏」まで上り詰めることができます。

2.1 管理人も使った「ある方法」とは?

といっても難しいことをする訳ではありません。やることは非常に単純で、正しく実践すれば誰でも成果を上げることができます。

肝心のその方法ですが、僕はこれで身につけることができました。

決まったフレーズを使うだけで女性を惚れさせる「15の会話テンプレート」はコチラ!

やってみて気づいたのは、その辺の恋愛テクニックよりも圧倒的に効果が高いということ。そして容姿やステータスは全然関係ないってことですね。

ぶっちゃけた話、コレ使ってなかったら未だに「彼女いない歴=年齢」だったかもしれません(苦笑)

それくらい衝撃的な内容が詰まっていると断言できますね。

かなり役立つ内容なので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

最後にまとめ

恋愛は無鉄砲にアタックすればいいという訳ではありません。

きちんと相手との距離感を測り、好意レベルに沿った行動をすることで、成功率を大きく向上させることができます。

「目が合った」

「あっちから色々質問してくる」

「笑顔で話してくれる」

こんなことで相手の好意を判断するのは止めましょう。

当記事を読めば、その辺りは理解できるハズなので、ぜひ今後の参考にしてくださいね。

なお、コチラの記事に「好きな女性を確実にGETできる告白術」を紹介しているので、併せてチェックしてみてください。

86.7%の確率で片想いの女性をGETできる「非常識な告白術」はコチラ! オススメ!

【彼女がほしい男性にオススメの記事】

好きな女性に男として意識させる「超簡単」な方法

勘違い!?女性に相手にされない男性の6パターン

超簡単!女性を喜ばせる「魔法」の褒め言葉

女性をドキドキさせる言葉とは?惚れさせる方法を紹介します

モテない男の特徴20選!女性に嫌われる理由を徹底解説します

恋愛対象外?!「いい人止まり」で終わる男性の3つの特徴

清潔感のある男とは?女性がチェックしている8つのポイント

トップへ戻る