好きな女性に男として意識させる「超簡単」な方法

記事を拡散してもらえたら嬉しいです♪

浴衣を着てで飴を舐める女の子

好きな女性に男として意識させるには、「褒める」ことが重要です。褒められて嫌な気分になる女性はいないし、異性からの褒め言葉ほど心に残るからです。

しかし褒めただけで安心してはいけません。最も重要なのは『褒め言葉を相手に信じ込ませること』です。

もし相手が信じてくれない場合、ただの「社交辞令」になってしまいますからね。あなたのイメージも「チャラい事を言ってくる人」で終わってしまうでしょう。

でも実は「褒め言葉を相手に信じ込ませる秘策」があるんです。今回はその秘策を余すところなくお伝えしていきますね。

なお「褒め方がわからない…」という人は、コチラの記事を参考にしてみてください。

超簡単!女性を喜ばせる「魔法」の褒め言葉

褒め上手はモテる!女心をくすぐる「言い換え」のコツ

1.褒め言葉を信じてくれない理由と対策

考え込む女の子

なぜ相手があなたの褒め言葉を信じてくれないのか。

僕の経験上、ほとんどの場合が「照れ隠し」です。特に褒められ慣れていないウブな女の子は大体そうですね。結構わかりやすいので、褒めた後の相手の顔をよく観察してみましょう。

口では「またまたぁ」とか「うまいなぁもう」みたいに言うと思いますが、照れているような、恥ずかしいような、でもどこか嬉しそうなはにかんだ表情になっていたら、100%照れ隠しです。

1.1 女性は世間体をとにかく気にする

女性は「自分がどう見られるのか」をとても気にします。なので褒められた後の心情は大体こんな感じですね。

「褒めてくれたのは嬉しいけど、どうせお世辞だよね…浮かれてると思われるのも嫌だし、素直に受け取れないな…」

めんどくさいでしょ?

要は心の中で相手の褒め言葉を勝手に「社交辞令」へと変えてしまっているんですね。

男に褒められ慣れていない子が多いのも原因の一つでしょう。最近はセクハラとかうるさくなってきたし、草食系男子も多いですからね。

1.2 粘り強く伝え続けることで信じさせる

対処法ですが、こういった女性は押しに弱いので、粘り強く「心の底からそう思ってるんだから仕方ないじゃん」とか「○○さんだから言ってるんだよ?」とたたみかけましょう。

真剣な表情で何度も伝え続ければ、相手も必ずあなたの言葉を受け取ってくれます。そうなれば、必然的にあなたの好意を認識するようになるでしょう。

単純なことだと思うかもしれませんが、「褒め言葉を信じてもらえない=男として意識してもらえない」と思えば、その場で信じさせることの重要性を理解できるはず。

ただの社交辞令として受け取られるか、好意のメッセージとして受け取られるか。その重要度は計り知れません。

2.「ちょいキレ戦法」がより効果的

少し怒った様子の男性

上述の方法で十分効果はありますが、さらにもう1つのテクニックをご紹介しましょう。

それが「ちょいキレ戦法」です。ちょいキレという時点で少し危ないんですが、恋愛慣れした男がよく使う方法です。もちろん僕もね(笑)

2.1 悲しみと憤りを女の子に伝える

僕がよく使うセリフは

  • 「よくそうやって信じてもらえないんだけどさぁ、そう言われるのが一番悲しいんだよね」
  • 「信じてくれないならいいよ別に。俺は本心でそう思ったのにさ」
  • 「なんかそう言われちゃうと誰も褒められなくなっちゃうんだよなぁ」

大体この3パターンのうちのいずれかですね。悲しみと憤りが入り交じったような表情、声で伝えるのがポイントです。

そうすれば相手にも「せっかく褒めてくれたのに気分悪くさせちゃったのかな…」という罪悪感が生まれ、あなたの言葉を信じざるを得なくなります。

2.2 謝ってきた時は大チャンス!

相手によっては「ごめんなさい」って謝ってくることもあるんですが、その時は大チャンスですよ!

謝るということは、多少なりとも罪悪感を感じているはず。女性は気まずくなるのを嫌がるので、相手にこちらの要求を飲ませやすくなるのです。

実際、誘ったらデートの約束なんて簡単に取り付けることができますよ。恋愛慣れしてきた頃に使ってみるのがいいんじゃないかと。効果は保証します。

3. 好きな女性を完全に意識させるには?

彼氏に寄り添う可愛い女子高生

ここまでの流れを実行すれば、よほど鈍感でないかぎり相手もあなたの好意に気づいてくれるでしょう。

好意が伝わった時点で、相手から男として見られるようになっているはず。だからといって、あなたの事を完全に好きになってくれた訳ではありません。

要するにこの段階では、2人の好感度に「温度差」があるんですね。その温度差を縮めないまま告白しても、高い確率でフラれるだけです。

3.1 彼女にとっての「彼氏候補」になる

ではどこまで温度差を縮めればいいのかというと、彼女の中であなたが「彼氏候補」になるまでです。

多くの男性は気づいていませんが、「友達→彼氏」になれるのではありません。「友達→彼氏候補→彼氏」が正しいステップです。

その彼氏候補まで好感度を上げれば、相手もあなたのことで頭がいっぱいになり、次第に「彼女目線」で接してくるようになります。

そうすれば落としたも同然。あとは儀礼的に気持ちを伝えるだけで、9割がた交際へと発展させることができます(経験談)。

3.2 彼氏候補になるための具体的な方法

その「彼氏候補」になるには、「相手からの好感度に合わせたコミュニケーション」を行うことが重要となります。

相手からの好感度を見抜き、それに適した会話を展開することで、自然と「彼氏候補」へ昇格することができます。

その具体的なやり方ですが、僕はコレで身につけることができました。

決まったフレーズを使うだけで女性を惚れさせる「15の会話テンプレート」はコチラ!

やってみて気づいたのは、その辺の恋愛テクニックよりも圧倒的に効果が高いということ。そして容姿やステータスは全然関係ないってことですね。

ぶっちゃけた話、コレ使ってなかったら未だに「彼女いない歴=年齢」だったかもしれません(苦笑)それくらい衝撃的な内容が詰まっていると断言できますね。

かなり役立つ内容なので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

4.【おまけ】超上級者向けテクニック

女の子に大人気の男性

僕の女たらしの友人が、この前の合コンでとんでもないセリフを口にしていました。

僕からすると「こいつマジかよ…」って感じだったんですが、女性達からの評判が物凄くよかったみたいなので、一応紹介しておきます。

※ただし、よほど自分に自信のある男性でないと言えないセリフなので、あくまでも参考程度で見てください。

それがコチラ

「○○ちゃんって笑顔可愛いよね。癒されるなぁ」

「もう~!そんな事言って口説こうとか思ってるんじゃないの~?」

「そうだよ。だから君を口説き落とそうと頑張ってるんだ」

どうでしょう。こんなセリフ言えますか?

いくら僕でも、ここまで直球では言えません。でも彼は平然と言ってのけたので、言われた方も思わずトキめいてしまったみたいです(笑)

とはいえ、これを実践するのは恋愛スキルをがっちり身に付けてからで十分でしょう。初心者のうちは極力マネしないようにしてくださいね。

最後にまとめ

「好きな女性に男として意識させる方法」は参考になりましたでしょうか。

褒めるのは非常に有効なテクニックですが、相手の心に届かなければ意味がありません。当記事の内容は僕の実体験なので、ぜひとも実践していただければと思います。

なお、コチラの記事に「好きな女性を確実にGETできる告白術」を紹介しているので、併せてチェックしてみてください。

86.7%の確率で片想いの女性をGETできる「非常識な告白術」はコチラ! オススメ!

【片思い中の男性にオススメの記事】

女性をドキドキさせる言葉とは?惚れさせる方法を紹介します

恋愛対象外?!「いい人止まり」で終わる男性の3つの特徴

女友達を落とす簡単な方法とは?彼女にするための3つのステップ

女性の好意の見分け方とは?男が知らない「好意の5段階」を解説

モテる男がもつオーラの出し方7選!女性を惹きつける秘訣とは?

小悪魔系女子を落とす秘訣とは?注意点や特徴を紹介します

清潔感のある男とは?女性がチェックしている8つのポイント

勘違い!?女性に相手にされない男性の6パターン

モテない男性ほど勘違いしている「痛い」思い込みとは

【必見】本気で彼女を作りたい人へ!

「専門的な恋愛スキル」を身に付ければ、理想の彼女を高確率でGETできます。
その際に役立つ教材をレビューしているので、是非チェックしてみてください^^

トップへ戻る