女友達を落とす簡単な方法とは?彼女にするための3つのステップ

記事を拡散してもらえたら嬉しいです♪

女友達を落とすには、徹底的に惚れさせることが重要です。

やみくもにアプローチしたところで、相手の心を掴むことはできません。友達関係が長いのなら、なおさらです。

あなたが本気で彼女を手に入れたいのなら、当記事の内容をくまなく実践してみてください。そうすれば、100%近い確率で交際に繋げることができます。

って事で今回は、「女友達を徹底歴に惚れさせ、彼女にする方法」について解説していきますね。他の男に彼女をとられる前に、積極的に行動していきましょう!

1.女友達を落とすには「惚れさせる」ことが重要

相手に友達と思われている状態では、恋愛対象として見てもらうことはできません。

気持ちを伝えたところで

「ごめん…○○のことは友達としか思えない…」

と言われるのは目に見えています。

女友達と確実に交際するためには、彼女に「君を異性として見ているよ」というメッセージを送り、好感度を極限まで高めることが重要です。

そうすることで、あなたの存在が彼女の中で特別なものとなり、付き合ってもいないのに「彼女目線」で接してくるようになります。

そのタイミングで告白すれば、フラれる事はまずありません。要するに、「相手をベタ惚れにさせた後で気持ちを伝える」ということですね。

ここからその流れやアプローチについて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

2.褒めることで男を意識させる

相手を褒めることで、「俺は君に好意を持っているんだよ」という気持ちを暗に伝えることができます。

褒めるといっても、「可愛いね」とか「綺麗だね」みたいなチャラい言い方ではダメですよ。友達からそんなことを言われても気持ち悪いだけです(笑)

伝えるなら具体的に。でないと相手の心に響かせることはできません。

2.1 彼女だけに向けた褒め言葉にする

具体的とは、「彼女だけに向けた褒め言葉にする」という意味です。

例を挙げると

「今日はいてるスカートさ、○○の雰囲気にピッタリだよね」

「○○は誰にでも気遣いができて偉いよなぁ。俺も見習わないと」

「○○の笑顔見てるとさ、癒されるっていうか、なんか落ち着くんだよね」

こんな感じ。

誰にでも当てはまるような薄っぺらい言葉ではなく、内面やセンスなど「その人だけに向けた褒め言葉」にすることがポイント。

そうすれば相手もあなたの好意を感じとり、次第に男として意識し始めるようになります。

2.2 言い換えで褒め言葉を作り上げる

普段なにげなく発している言葉でも、言い方を変えるだけで褒め言葉にすることができます。

コチラも例を挙げて紹介しましょう。

NG「お前ってホントおしゃべりだよな」
OK「○○って話面白いから聞いてて飽きないよ」

NG「○○って男と派手に遊んでそうだよね」
OK「○○と一緒にいたら楽しいし、男にモテる理由がよくわかるよ」

NG「つまらない事でいちいち怒るなよ」
OK「○○は自分の気持ちに正直だよな。裏表がなくて安心するよ」

といった感じですね。

友達同士なら軽口を叩くこともあると思いますが、言い方を少し変えてあげるだけで、上記と同じく相手の心に響かせることができます。

さらに余裕があれば、「けなして褒める」というテクニックも使ってみましょう。

「○○って男ウケ悪そうだよな」

「えっ、どうして…?」

「だって誰に対しても自分の意見をズバズバ言うじゃん。それって自分の考えを持ってないと中々できない事だよね」

一度落とした後に持ち上げれば、普通に褒めたときの倍以上の効果があります。

言い換えよりも難易度は高いですが、チャンスがあれば積極的に使ってみてください。

2.3 褒め言葉を信じてくれない場合

ただし、中には褒め言葉を信じようとしない女性もいます。要は「社交辞令」として受け取られてしまう場合ですね。友達関係であれば特に多いと思います。

そうなると「せっかく褒めたのに異性として見られない…」という状況になりかねないので、何としても避けなくてはいけません。

詳しい対処法に関してはコチラにまとめてあるので、ぜひ目を通してみてください。

好きな女性に男として意識させる「超簡単」な方法

3.ドキドキさせる一言を口にする

褒め言葉と合わせ、「相手をドキドキさせる一言」もささやいてみましょう。

さりげない一言ですが、相手と親しい関係にあるのであれば、かなりの効果があります。今回はその一部をご紹介しますね。

3.1「2人だと時間が経つのが早いね」

「時間が経つのが早い=それだけ楽しい時間を過ごした」という意味ですよね。

さらに2人というフレーズを強調することによって、「この人と一緒だから楽しいんだ」と相手にインプットさせることができます。

3.2「こういうのは男の仕事だから」

上述したように、女性は男友達を異性としては見ていません。

もし彼女の前で力仕事などをする機会があれば、積極的にこのフレーズを口にしてみてください。

そうすれば男らしさをアピールできるだけでなく、「君を女性としてみているよ」というメッセージを伝えることもできます。

3.3「○○のそういうところ、好きだな」

好きと言われてドキッとしない女性はいません。たとえ間接的でも、好きというフレーズには相手をトキめかせる効果があります。

簡単な例を挙げると

「俺さ、○○の声がすごく好きなんだよね。聞いてて癒させれるよ」

「○○みたいに気遣いのできる女の子が好きなんだよなぁ」

「○○はホントに明るいよな。そういうトコ好きだよ」

などなど。

会話の節々で「好き」と伝えれば、相手もあなたの事が気になってくるでしょう。相手の好きな部分があるなら、どんどん伝えてあげてください。

4.好感度を極限まで高め、完全に惚れされる

上記2つの方法を駆使すれば、相手もあなたを男として意識するようになっているはず。

ですが、まだ完全に惚れさせた訳ではありません。個人差はあるものの、この段階ではまだフラれる可能性が残っています。

相手をベタ惚れにするには、あともう一段階「好感度」を引き上げる必要があります。

3.1 彼女にとっての彼氏候補になる

その段階とは、彼女の中であなたが「彼氏候補」になるまで、です。

多くの男性は気づいていませんが、「友達→彼氏」になれるのではありません。「友達→彼氏候補→彼氏」が正しいステップです。

その彼氏候補まで好感度を上げれば、相手もあなたのことで頭がいっぱいになり、次第に「彼女目線」で接してくるようになります。

そうすれば落としたも同然。あとは儀礼的に気持ちを伝え、彼女との交際をスタートさせるだけです。

3.2 彼氏候補になるためには?

その「彼氏候補」になるには、「相手の好感度に合わせたコミュニケーション」を行うことが重要となります。

相手からの好感度を見抜き、それに適した会話を展開するだけで、自然と「彼氏候補」へ昇格することができます。

その具体的なやり方ですが、僕はこれで身に付けることができました。

決まったフレーズだけで好きな女性を惚れさせる「15の会話テンプレート」はコチラ!

好感度を上げる方法だけでなく

  • お笑い芸人のように女性を笑わせる会話術
  • 誘いやすく女性を楽しませやすいデートコース
  • 「告白→キス→SEX」を確実に成功させる流れ

などもギッシリと詰まっています。

正直な話、これを知っていなければ、僕は今でも「彼女いない歴=年齢」のままだったかもしれません(笑)

この記事では語りきれませんが、女友達を確実にGETしたいのなら、きっとあなたの役に立つでしょう。ぜひ試してみてくださいね。

最後にまとめ

いかがだったでしょうか。

当記事の内容を全て実践すれば、きっと女友達を彼女にすることができるでしょう。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

86.7%の確率で片想いの女性をGETできる「非常識な告白術」はコチラ! オススメ!

【あわせて読みたい記事】

女性をドキドキさせる言葉とは?惚れさせる方法を紹介します

女性と体の関係をもちたい男性へ伝える3つの事【ホテル編】

勘違い!?女性に相手にされない男性の6パターン

恋愛対象外?!「いい人止まり」で終わる男性の3つの特徴

余裕のある男がモテる秘密とは?上手な身につけ方を大公開

トップへ戻る